PR

 Windows Mobileは、レジストリを変更することで使い勝手が高まることが多くある。しかし、レジストリはシステムに関わるデータのため、誤って変更してしまうとシステムが動かなくなる危険性があるため変更作業は慎重に行う必要がある。そうしたレジストリの変更を、簡単に行うことができるのが「Pocketの手」だ。

 「Pocketの手」で変更できる項目は非常に多い。「アプリ起動設定」「色の設定」「デバイス設定」「フォント設定」「IE Mobile設定」「メール設定」「パネル設定」「ユーザーインターフェイス設定」「日本語環境設定」など、多数ある。初期起動時には、レジストリのバックアップを行うため、不具合が起きた場合は初期状態に戻そう。

 特に利用すると効果があるが「フォントキャッシュ」の設定だ。実行メモリーに余裕がある場合は、「フォントキャッシュ」を最大の4Mbyteに設定するといいだろう。また、内蔵メモリーに余裕がある場合は、別途、フォントを導入して、メニューなどシステム関連フォントを見やすいものに変更することも可能だ。スタイラス操作をしやすくするために、スクロールバーのサイズを変更するのも有効だろう。

 なお、Pocketの手はWindows Mobile 6でも動作するが、その場合「IE Mobile設定」のユーザーエージェント変更など一部の機能は利用できない。

 このソフトを使えば変更が簡単になるが、レジストリを操作することには変わらないので、不具合が起きた際に備えられないという方は利用しない方がよいだろう。

[画像のクリックで拡大表示]

アプリケーション名Pocket の手 for Windows Mobile 5.0
作者Mikio Fukushima
URLhttp://smart-pda.net/useful7+index.id+7.htm
価格無償
対応OSWindows Mobile 5/6