PR

アタッシェケース

http://homepage2.nifty.com/hibara/software/atcs.htm

作者/ひばら みつひろ氏

平日は仕事漬け、休日は愛犬のパグと散歩を楽しむ33歳会社員。小さい頃から暗号の解読と作成を趣味とする。ビリヤードはマイ・キューを持つ腕前

 

 今僕は自分のパソコンに3種類のセキュリティー対策を施している。1つ目は、ウイルスチェック。日々どこからか送られてくるウイルス付きのメールを発見し、削除するソフトだ。2つ目は、ファイアウオール。ネットを通じて、僕のパソコンに侵入しようとするハッカーの行動を発見し、阻止してくれる。

 そして3つ目のソフトが、暗号化ソフトだ。例えば住所録や進行中の企画書など、他人の目に触れては困るファイルを暗号化して、保存してくれる。

 読者の皆さんはウイルスチェックやファイアウオールは導入していても、暗号化ソフトは導入していない人が多いと予想される。しかし、ぜひ早期の導入をお勧めする。たとえウイルスチェックソフトやファイアウオールを使用していても、パソコンが盗まれてしまったら、その時点でアウトだ。貴重な情報が手元からなくなり、第3者に悪用される恐れがある。

 暗号化ソフト、と聞くとその言葉の重さから、難しい印象を受ける人もいるかもしれない。しかし、実際は驚くほど簡単だ。

ファイルやフォルダの強力暗号化ソフト

図1 ひばらみつひろ氏が運営するサイト内の「アタッシェケース」のページ。ここで最新版のソフト(EXE形式)をダウンロードできる
図1 ひばらみつひろ氏が運営するサイト内の「アタッシェケース」のページ。ここで最新版のソフト(EXE形式)をダウンロードできる
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料