PR

 複数ページに渡る文書は、ページ数を印刷しておきたい。万一ばらばらになってしまったときも、ページ数があればそろえられる。逆に、1枚しか印刷しない場合は、ページ数を非表示にするとすっきりする。

 一太郎で、ページ数を印刷するには、文書を開いて「書式」メニューから「文書スタイル」ダイアログを開く(図1)。そして「ページ/ヘッダ・フッタ」タブをクリック(図2)。「ページ番号」→「位置」のプルダウンメニューから、ページ数を表示する位置を選択する。また、ページ番号を表示したくないときは、「位置」のメニューから「付けない」を選択すればよい。

図1「文書スタイル」ダイアログを開く
図1「文書スタイル」ダイアログを開く
[画像のクリックで拡大表示]

図2「ページ/ヘッダ・フッタ」タブを開く
図2「ページ/ヘッダ・フッタ」タブを開く
[画像のクリックで拡大表示]

図3 プルダウンメニューからページ番号の表示位置を選択する
図3 プルダウンメニューからページ番号の表示位置を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

図4「付けない」を選択すると、ページ番号は印刷されない
図4「付けない」を選択すると、ページ番号は印刷されない
[画像のクリックで拡大表示]