PR

 PowerPoint 2003では、印刷の色を「カラー」「グレースケール」「単純白黒」の3種類から選択できる。カラープリンターでもトナー節約のためにグレースケールを選ぶなど、用途に応じて使い分けたい。

 PowerPoint 2003で印刷の色を変更するには、「印刷」ダイアログで指定する(図1、図2)。また、この設定は「印刷プレビュー」でも反映されるので、印刷前に仕上がりを確認できる。

 写真を貼り付けたスライドなど、こだわって作ったものを配布する際は、カラー印刷をすると効果的だ(図3)。逆に、文字の校正のために印刷するケースなどでは、グレースケールや単純白黒でも十分(図4)。ファクシミリでの送信でも文字が見やすくなる(図5)。

図1 ツールバーの「ファイル」メニューをクリックし「印刷」を実行する
図1 ツールバーの「ファイル」メニューをクリックし「印刷」を実行する

図2「印刷」ダイアログが開くので、印刷する色を選ぶ
図2「印刷」ダイアログが開くので、印刷する色を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

図3 カラー印刷ならグラフなどが非常にわかりやすい
図3 カラー印刷ならグラフなどが非常にわかりやすい
[画像のクリックで拡大表示]

図4 グレースケールは、モノクロプリンターで写真などを美しく印刷したいときに利用する
図4 グレースケールは、モノクロプリンターで写真などを美しく印刷したいときに利用する
[画像のクリックで拡大表示]

図5 単純白黒で印刷すると、文字や罫線が見やすくなる。ファクシミリで送信する際もこのモードを選びたい
図5 単純白黒で印刷すると、文字や罫線が見やすくなる。ファクシミリで送信する際もこのモードを選びたい
[画像のクリックで拡大表示]