PR

 一太郎では、文書の下(もしくは上や左右)に、文書名や作成者、注意書きなどを表示できる「ヘッダ・フッタ」機能がある。ヘッダーとフッターは中央と左右の3カ所、左側と右側には上中下の3カ所に指定の文字を表示できる。

 一太郎で、ヘッダー・フッター機能を使うには、開いている文書で「ファイル」メニュー→「文書スタイル」から「ヘッダ・フッタ」ダイアログを開き、「ページ/ヘッダ・フッタ」タブをクリックする(図1、図2)。

 開いた画面で、印刷するのが通常の文書であれば「標準タイプ」、目次などと連動したヘッダー・フッター表示にするのであれば「見出し連動タイプ」にチェックする(図3)。

 これで、表示する場所を選択したら、右側の「表示する」にチェック。「記号」のプルダウンメニューから選択したり、フォームにテキストを入力する。

 一太郎では、奇数ページと偶数ページで異なる内容の文字列を表示できる。ダイアログ下の「奇数ページと偶数ページで異なるヘッダ・フッタを表示する」にチェックし、場所ごとに設定すればいい。

 また、左右のヘッダ・フッタを設定した場合、見開きの文書なら対称になっていないので美しくない。そんな時は、「偶数ページで左右を逆に表示する」にチェックすると、対称的な位置に挿入できる(図4)。

図1 「ヘッダ・フッタ」ダイアログを開く
図1 「ヘッダ・フッタ」ダイアログを開く
[画像のクリックで拡大表示]

図2 表示方法を選択する。通常は「標準タイプ」にチェックする
図2 表示方法を選択する。通常は「標準タイプ」にチェックする
[画像のクリックで拡大表示]

図3 表示する内容を入力・選択する
図3 表示する内容を入力・選択する
[画像のクリックで拡大表示]

図4 奇数・偶数ページで異なる文字列を表示したり、表示位置を逆にしたりできる
図4 奇数・偶数ページで異なる文字列を表示したり、表示位置を逆にしたりできる
[画像のクリックで拡大表示]