PR

 「ありきたりの周辺機器なんてつまらない!」という人は、飛びっ切りぜいたくでゴージャスな周辺機器に手を伸ばしてみてはどうだろう。持ってうれしい、使って誇らしい。ここでは、そんな気持ちになれる品々を集めた。

キーボード

追求したのは打ち心地

 かつて、人々がペンの書き心地にこだわったように、パソコンユーザーはキーボードの打ち心地にこだわりたい。

 ここで紹介する2機種はいずれも静電容量無接点方式を採用したもの。タッチの軽さとなめらかな打鍵感が特徴だ。

 PFUの「Happy Hacking Keyboad Professional JP」はテンキーや余分なスペースを徹底して削ったコンパクトモデル。東プレの「Realforce108UH」はキーを押す重さにまで配慮した製品。いずれもキー配列や仕様が異なる別機種もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料