PR

 凝ったレイアウトの文書を印刷して確認する場合、オブジェクトや画像を枠だけの状態で印刷する「簡易印刷」機能を利用すれば、印刷時間とインクコストを抑えられる。

 レイアウトを確認するだけなら、挿入した画像やオブジェクトを印刷しない「簡易印刷」機能が便利だ。枠や簡易作図、罫線などを簡略化して印刷できる。「印刷」ダイアログを開き(図1)、「簡易印刷」にチェックを入れるだけで(図2)、画像やオブジェクト部分が外枠だけの状態になる(図3)。

図1 「ファイル」メニューから「印刷」を選択する
図1 「ファイル」メニューから「印刷」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「印刷」ダイアログ内の「詳細」タブをクリックし、「簡易印刷」にチェックを入れる
図2 「印刷」ダイアログ内の「詳細」タブをクリックし、「簡易印刷」にチェックを入れる
[画像のクリックで拡大表示]

図3 図や画像は外枠だけの状態で印刷されるので、レイアウト確認に最適だ
図3 図や画像は外枠だけの状態で印刷されるので、レイアウト確認に最適だ
[画像のクリックで拡大表示]