PR

FAX/ADF付き複合機の新機種が登場
2強メーカーの売れ筋は2万円台半ば

 年度末需要も狙ってFAX機能付きの新モデルが、日本ヒューレット・パッカードとセイコーエプソンから登場した。自動原稿送り装置(ADF)を搭載し、書類の束を楽にスキャンやファクスができる。セイコーエプソンは併せて低価格複合機「PX-401A 」も投入した。いずれも顔料インクを採用する。

 一般向けの売れ筋は、デザインを一新した「EP-801A」(セイコーエプソン)とバランスの良い「MP630」(キヤノン)。1万円を切る日本HPの超低価格モデル「C4486」も健在だ。

MultiPhoto Colorio PX-601F(セイコーエプソン)

[画像のクリックで拡大表示]

 リビングに似合う新デザインを採用したFAX/ADF付き複合機。4色独立型の顔料インクにより、色あせや水濡れに強い印刷が可能。無線/有線LANの機能を標準装備する。ADFは片面読み取りで、両面印刷やCD/DVD印刷も非対応。給紙は背面トレイのみ。