PR

[画像のクリックで拡大表示]

 格安で購入でき、軽量で持ち運びも便利なネットブック。ただ、画面やキーボードが小さすぎてメーンのパソコンとしては使いにくい。そこでお薦めしたいのが、今回紹介する「X340 Super」[注1]。携帯性と操作性を兼ね備えた極薄ノートだ。A4ノートと同等サイズの画面とキーボードを搭載し、ネットブックの欠点を解消している。

 最大の特徴は本体の薄さだ。閉じたときの厚さは20ミリを切り、一般的なネットブックより明らかに薄い(図1)。重さは1.3キロあるが、カバンに入れやすく持ち運びに支障はない。CPUは、コア2ソロSU3500(1.40ギガヘルツ)を搭載。Vistaの動作もスムーズで申し分ない。

20mmを切る薄さで持ち運びに便利
図1 一般的なネットブックと並べて比較すると[注2]、約20ミリという圧倒的な薄さが際立つ。この薄さならカバンに入れてもかさばらず、便利だ
図1 一般的なネットブックと並べて比較すると[注2]、約20ミリという圧倒的な薄さが際立つ。この薄さならカバンに入れてもかさばらず、便利だ

 画面は1366×768ドット表示の13型ワイド液晶。表示領域は、ネットブックの約1.7倍もある。また、キーボードも大きくて使いやすい。ただし、頻繁に使う「Enter」キーが小さいのは少し使いづらい(図2)。また、薄さを優先したため、USBポートが2つしかないのも不便だ。できれば3つは欲しい(図3)。

A4ノートサイズの液晶とキーボード
図2 13型ワイドの液晶は、1366×768ドット表示とA4ノート並みに広くて見やすい(上図)。キーボードもキーの間隔が広く打ちやすいが、「Enter」など一部のキーが小さいのは使いづらい(下図)
図2 13型ワイドの液晶は、1366×768ドット表示とA4ノート並みに広くて見やすい(上図)。キーボードもキーの間隔が広く打ちやすいが、「Enter」など一部のキーが小さいのは使いづらい(下図)
[画像のクリックで拡大表示]

端子数は少ないがHDMI端子を搭載
図3 右側面にはUSBポートを2つ、左側面にはLAN端子とHDMI端子などを搭載している。液晶テレビなどと接続できるHDMI端子があるのはネットブックにはない利点だ
図3 右側面にはUSBポートを2つ、左側面にはLAN端子とHDMI端子などを搭載している。液晶テレビなどと接続できるHDMI端子があるのはネットブックにはない利点だ

 ユニークな機能として、内蔵する130万画素のウェブカメラを使った顔認証がある。顔を登録しておけば、パスワードを入力せずに一瞬でログオンできる(図4)。

 9万円台でこの薄さは魅力的。基本性能も実用的に十分なレベルだ。家庭内と外出時でいつも同じパソコンを使いたい人にはイチオシの製品だ。

顔認証ならパスワード入力が不要に
図4 130万画素の内蔵ウェブカメラを使った顔認証ソフトを搭載。最初に顔を登録しておけば、Windows起動時にカメラに顔を写すだけですぐにログオンできる
図4 130万画素の内蔵ウェブカメラを使った顔認証ソフトを搭載。最初に顔を登録しておけば、Windows起動時にカメラに顔を写すだけですぐにログオンできる
[画像のクリックで拡大表示]

[注1] 本体色は、写真のホワイト(X340 Super-WH)のほかに、ブラック(X340 Super-BK)とシルバー(X340 Super-SV)もある

[注2] 比較したネットブックは、日本エイサーの「Aspire one AOD150」