PR

P5KPL-AM EPU(Intel G31)(LGA775)

ASUSTeK Computer
実勢価格:6500円前後
問い合わせ先:ユニティ(info@unitycorp.co.jp、http://www.asus.co.jp/
※SPEC欄の「CPUクロック」は、BIOSで調整できる範囲です。これらの値は搭載するCPUによって変わります。

注目
◆実勢価格6500円前後という激安モデル
◆EPUやTurbo Keyなど、上位モデル譲りの機能を搭載

[画像のクリックで拡大表示]

 シンプルな構成のサブPCを組み上げるのに適した格安マザーボード。DirectX 9対応で旧世代のチップセットIntel G31を採用する。電力管理チップ「EPU」(Energy Processing Unit)を搭載し、必要なときだけオーバークロックできる機能「Turbo Key」など、上位モデルで人気の機能に対応している。Turbo Keyには「Race Car」(1%アップ)から「Rocket」(5%アップ)までの3段階の選択肢が用意してあり、簡単にオーバークロックできる。

 一方、電力管理ソフト「EPU-4 Engine」や、オーバークロックを詳細に設定できるソフト「TurboV」には対応しない。チューニングを楽しむというより、一度設定を完了したら、そのままの状態で使い続ける、という使い方に向いている。

シンプルなI/Oパネル。PS/2ポートはキーボード・マウスの両方を装備しており、古いPS/2対応デバイスを流用しやすい。
シンプルなI/Oパネル。PS/2ポートはキーボード・マウスの両方を装備しており、古いPS/2対応デバイスを流用しやすい。
低価格モデルでありながら、上位モデル同様に、省電力機能を担うチップ「EPU」を搭載する。上位モデルとは違って、「EPU 4-Engine」といった電力管理ソフトには対応しない。
低価格モデルでありながら、上位モデル同様に、省電力機能を担うチップ「EPU」を搭載する。上位モデルとは違って、「EPU 4-Engine」といった電力管理ソフトには対応しない。
電源ボタンを押すとオーバークロック状態の「ターボモード」に入るユーティリティソフト「TurboKey」にも対応。「Rocket」プロファイルを選ぶと、最大5%のオーバークロックができる。
電源ボタンを押すとオーバークロック状態の「ターボモード」に入るユーティリティソフト「TurboKey」にも対応。「Rocket」プロファイルを選ぶと、最大5%のオーバークロックができる。
システム全体の消費電力を測定した。次回の<a href=JW-IG41M-HDと比べると、負荷時で4Wほど少なかった。なお、省電力機能は常に有効になっている。
【テスト環境】CPU:Pentium Dual-Core E5200(2.5GHz)、メモリー:DDR2-800 1GB×2、HDD:ST380815AS(Seagate)、グラフィックスボード:内蔵、電源:CoRE PoWER 2 500W(サイズ)、OS:Windows Vista Ultimate Service Pack 1 32ビット日本語版">
システム全体の消費電力を測定した。次回のJW-IG41M-HDと比べると、負荷時で4Wほど少なかった。なお、省電力機能は常に有効になっている。
【テスト環境】CPU:Pentium Dual-Core E5200(2.5GHz)、メモリー:DDR2-800 1GB×2、HDD:ST380815AS(Seagate)、グラフィックスボード:内蔵、電源:CoRE PoWER 2 500W(サイズ)、OS:Windows Vista Ultimate Service Pack 1 32ビット日本語版