PR

GA-P55A-UD5(Intel P55)(LGA1156)

GIGABYTE TECHNOLOGY
実勢価格:3万円前後
問い合わせ先:リンクスインターナショナル(TEL03-5812-5820、http://www.gigabyte.co.jp/
※SPEC欄の「CPUクロック」「CPUコア電圧」は、BIOSで調整できる範囲です。これらの値は搭載するCPUによって変わります。

注目
◆最新規格のSerial ATA 6GbpsとUSB 3.0に対応
◆実性能を高める「Turbo SATA3」「Turbo USB 3.0」機能を装備
◆NVIDIA SLIに対応し、多彩なI/Oポートを備えたハイエンドモデル
 

[画像のクリックで拡大表示]

 GIGABYTE TECHNOLOGYのIntel P55を搭載した新製品は、型番に「A」を追加した「GA-P55A-UD」となり、新たにUSB 3.0やSerial ATA 6Gbpsに対応した。型番が「GA-P55-UD」だった旧シリーズより3000~5000円ほど高い。

USBポートのうち、赤枠(1)で囲んだ2ポートがUSB/eSATA共用だ。赤枠(2)で囲んだ2ポートはUSB 3.0に対応。(1)は、5V電源を供給可能なeSATAポートとしても利用できる。
USBポートのうち、赤枠(1)で囲んだ2ポートがUSB/eSATA共用だ。赤枠(2)で囲んだ2ポートはUSB 3.0に対応。(1)は、5V電源を供給可能なeSATAポートとしても利用できる。

 USB 3.0の転送速度は5Gbps、Serial ATAは6Gbpsだが、コントローラーを接続するインターフェースはこれより遅い。Intel P55のPCI Expressは、規格として2.0に対応するものの、1レーン当たりの速度は、1.1と同じ片方向2.5Gbpsだ。そのまま接続した場合、PCI Expressがボトルネックになり、性能を発揮できないことがある。そこで、マザーボードメーカー各社は、それぞれ独自の工夫をしている。

 GIGABYTEは「Turbo SATA3」「Turbo USB 3.0」と呼ぶ機能を搭載し、USB 3.0、Serial ATA 6Gbpsいずれか一方の接続先を、低速なIntel P55側のPCI Expressから、高速なCPU側のPCI Expressに切り替えて、性能を高められる。転送速度の測定結果は、下のグラフの通り。Turbo USB 3.0有効時は、無効時より性能が5割近くも向上した。

高速なSSDを使ってUSB 3.0ポートの性能を測定した。「Turbo USB 3.0」有効時は無効時に比べて48~50%も性能が向上する。無効時でもUSB 2.0に比べると36~58%も速くなっている。 <br>【テスト内容】USB 3.0対応のHDDケース「SA-DK1-U3」(ラトックシステム)に、SSD「CT128M225」(Crucial)を内蔵。「CrystalDiskMark 2.2」を使って、データ量1000MBで、順次アクセスの性能を測定した。そのほかのパーツは、消費電力測定の際と同じ。
高速なSSDを使ってUSB 3.0ポートの性能を測定した。「Turbo USB 3.0」有効時は無効時に比べて48~50%も性能が向上する。無効時でもUSB 2.0に比べると36~58%も速くなっている。
【テスト内容】USB 3.0対応のHDDケース「SA-DK1-U3」(ラトックシステム)に、SSD「CT128M225」(Crucial)を内蔵。「CrystalDiskMark 2.2」を使って、データ量1000MBで、順次アクセスの性能を測定した。そのほかのパーツは、消費電力測定の際と同じ。
システム全体の消費電力を測定した。省電力機能「DES 2」には、3段階の「Power Saving Level」があり、3が最も省電力。CPUの電圧降下などによって、省電力を実現する。単純な仕組みだが、効果は大きい。 <br>【テスト環境】CPU:Core i5-750(2.66GHz)、メモリー:DDR3-1333 1GB×2、HDD:ST380815AS(Seagate Technology)、BDドライブ:DH-401S(Lite-on Technology)、グラフィックスボード:Radeon HD 3450搭載製品、電源:CoRE PoWER 2 500W(サイズ)、OS:Windows 7 Home Premium 32ビット日本語版
システム全体の消費電力を測定した。省電力機能「DES 2」には、3段階の「Power Saving Level」があり、3が最も省電力。CPUの電圧降下などによって、省電力を実現する。単純な仕組みだが、効果は大きい。
【テスト環境】CPU:Core i5-750(2.66GHz)、メモリー:DDR3-1333 1GB×2、HDD:ST380815AS(Seagate Technology)、BDドライブ:DH-401S(Lite-on Technology)、グラフィックスボード:Radeon HD 3450搭載製品、電源:CoRE PoWER 2 500W(サイズ)、OS:Windows 7 Home Premium 32ビット日本語版

 ただし、Turbo機能を使うと、グラフィックスボードを1枚しか装着できず、PCI Express 2.0 x8接続となる。性能低下が心配だが、省電力版GeForce 9800 GTでテストしたところ、Turbo USB 3.0が有効でも無効でも、3D描画性能はほとんど変わらなかった。

 本製品は、NVIDIA SLIに対応するほか、電源供給もできるUSB/eSATAコンボポートや、x4として動作する3本目のPCI Express x16スロットも備え、拡張性に優れている。

負荷に応じてCPU電源回路のフェーズを切り替える「DES(Dynamic Energy Saver) 2」に対応。本製品では、2~12フェーズの6段階に可変する。
負荷に応じてCPU電源回路のフェーズを切り替える「DES(Dynamic Energy Saver) 2」に対応。本製品では、2~12フェーズの6段階に可変する。
Serial ATA 6GbpsのRAID BIOS。RAID 0/1に対応する。「Turbo SATA3」を有効にすると、「PCIe Speed rate」が2.5Gbpsから5Gbpsに変わる。
Serial ATA 6GbpsのRAID BIOS。RAID 0/1に対応する。「Turbo SATA3」を有効にすると、「PCIe Speed rate」が2.5Gbpsから5Gbpsに変わる。
BIOSメニューの「Turbo SATA3/USB 3.0」では、Serial ATA 6GbpsまたはUSB 3.0いずれか一方のコントローラーの接続先を、Intel P55(帯域幅は片方向2.5Gbps)からCPU(同5Gbps)に切り替えできる。
BIOSメニューの「Turbo SATA3/USB 3.0」では、Serial ATA 6GbpsまたはUSB 3.0いずれか一方のコントローラーの接続先を、Intel P55(帯域幅は片方向2.5Gbps)からCPU(同5Gbps)に切り替えできる。
「Turbo SATA3/USB 3.0」が有効のときは、グラフィックスボードは1枚しか装着できず、常にx8で動作する。PCI Express 2.0対応のグラフィックスボードの場合、x16でもx8でも3D描画性能はほぼ同じだった。 <br>【テスト内容】省電力版GeForce 9800 GT搭載のグラフィックスボードを使って「3DMark Vantage」のスコアを比較した。そのほかのパーツは、消費電力測定の際と同じ。
「Turbo SATA3/USB 3.0」が有効のときは、グラフィックスボードは1枚しか装着できず、常にx8で動作する。PCI Express 2.0対応のグラフィックスボードの場合、x16でもx8でも3D描画性能はほぼ同じだった。
【テスト内容】省電力版GeForce 9800 GT搭載のグラフィックスボードを使って「3DMark Vantage」のスコアを比較した。そのほかのパーツは、消費電力測定の際と同じ。