PR

[画像のクリックで拡大表示]

 無線LAN非対応のプリンターは、何かと不便。印刷するたびに、ノートPCをプリンターの近くに運んでつなげるのは面倒だ。そこで、「ETG-DS/US」をお薦めしたい。

 これは、USBの周辺機器を、LANで接続するための“変換器”(図1)。パソコンにUSBケーブルをつながずに、さまざまな周辺機器を利用できるようになる。無線LANのユーザーなら、今ある周辺機器を無線で使えるわけだ。

図1 「ETG-DS/US」の接続例。周辺機器をUSBでつなぎ、さらにルーターとLANケーブルでつなぐ。これでLANを経由して複数のパソコンから周辺機器を利用できる
図1 「ETG-DS/US」の接続例。周辺機器をUSBでつなぎ、さらにルーターとLANケーブルでつなぐ。これでLANを経由して複数のパソコンから周辺機器を利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 使い方は簡単だ。まずこの製品とルーターをLANケーブルでつなぎ、USBケーブルで周辺機器を接続する(図2)[注2]。USBポートは2つしかないが、USBハブを使えば最大15台まで機器をつなげられる。最後に電源アダプターをつなげば準備は完了だ。

図2 本体の左側にLANポートと電源、右側にUSB2.0対応のポートが2つある。USBハブを使えば、2つのポートで合計15台まで機器を接続できる
図2 本体の左側にLANポートと電源、右側にUSB2.0対応のポートが2つある。USBハブを使えば、2つのポートで合計15台まで機器を接続できる
[画像のクリックで拡大表示]

 続いてパソコン側の設定をする。付属のユーティリティーソフト「net.USB」を起動すると、自動的にETG-DS/USに接続されたUSB機器が一覧で表示される(図3)。この中から使いたい周辺機器を選べば、普通に使えるようになる。

図3 USB機器を利用するには、付属の接続ソフト「net.USB」を使う(上図)。LAN経由でも、直接つないだときと同じように使える(下図)
図3 USB機器を利用するには、付属の接続ソフト「net.USB」を使う(上図)。LAN経由でも、直接つないだときと同じように使える(下図)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、外付けHDDなどの機器を複数のパソコンで同時に利用することはできない。その場合は図4の要領で、現在使用中のパソコンから一度接続を解除する必要がある。

 なお、プリンターだけはいちいち切断する必要がない。ETG-DS/USがプリントサーバーを内蔵しているためだ。

図4 複数のパソコンで1台の周辺機器を同時には使えない。その場合は、使用中のパソコンに対して「切断要求」を送り(上図)、切断してもらう(左図)
図4 複数のパソコンで1台の周辺機器を同時には使えない。その場合は、使用中のパソコンに対して「切断要求」を送り(上図)、切断してもらう(左図)
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]7は、32ビット版/64ビット版に対応

[注2]バスパワーで動作する周辺機器は1台しか接続できない。使用可能な周辺機器の情報は、同社のウェブサイト(http://www.iodata.jp/product/network/option/etg-dsus/spec.htm)で確認できる