PR

P7P55D-E EVO(Intel P55)(LGA1156)

メーカー:ASUSTeK Computer(http://www.asus.co.jp/
問い合わせ先:ユニティ(http://www.unitycorp.co.jp/、news@unitycorp.co.jp)
実勢価格:2万4000円前後
※SPEC欄の「CPUクロック」「CPUコア電圧」は、BIOSで調整できる範囲です。これらの値は搭載するCPUによって変わります。

注目
◆NVIDIA SLIに対応した製品としては比較的安価なP55マザーボード
◆Serial ATA 6GbpsとUSB 3.0の性能を高めるPCI Expressスイッチチップを搭載
 

[画像のクリックで拡大表示]

 Serial ATA 6GbpsやUSB 3.0など、最新の高速規格に対応していても、Intel P55のPCI Express x1の帯域幅は2.5Gbpsしかないため、性能を発揮しにくい。本製品では、PCI Expressスイッチチップの採用で、この問題を解決している。まず、P55とスイッチチップとの間をPCI Express x4(帯域幅2.5Gbps×4=10Gbps)で接続。これを4ポートのPCI Express 2.0 x1(帯域幅各々5Gbps)に変換し、各デバイスにつなげた。この結果、同時に2デバイスまでは、5Gbpsの帯域幅をまるまる利用できる。

 そのほか、従来はハイエンドのROGシリーズだけが対応した「CPU Level Up」機能や、Intel製のオーバークロックソフトが利用できる。

BIOS設定を消去するCMOSクリアボタンを装備。2ポートあるGigabit Ethernetは、2ポートを束ねて使うことで転送性能を高める「チーミング」に対応。
BIOS設定を消去するCMOSクリアボタンを装備。2ポートあるGigabit Ethernetは、2ポートを束ねて使うことで転送性能を高める「チーミング」に対応。
本製品では、USB 3.0とSerial ATA 6Gbpsチップは、PCI Expressスイッチ(上の画面では「PCI標準PCI-to-PCIブリッジ」と表示)を経由してIntel P55に接続しているため、片方向の帯域幅として最大5Gbpsを確保できる。
本製品では、USB 3.0とSerial ATA 6Gbpsチップは、PCI Expressスイッチ(上の画面では「PCI標準PCI-to-PCIブリッジ」と表示)を経由してIntel P55に接続しているため、片方向の帯域幅として最大5Gbpsを確保できる。
「P7P55D」シリーズには、オーバークロックソフトとして、ASUS製の「TurboV EVO」のほかに、Intel製の「Intel Extreme Tuning Utility」も付属。クロック倍率や電圧など、かなり詳細に設定できる。
「P7P55D」シリーズには、オーバークロックソフトとして、ASUS製の「TurboV EVO」のほかに、Intel製の「Intel Extreme Tuning Utility」も付属。クロック倍率や電圧など、かなり詳細に設定できる。
省電力機能「EPU 6-Engine」の設定は初期値の「ハイパフォーマンス」のまま、消費電力を測定した。本製品も、下位モデル「P7P55D-E」も、さほど変わらなかった。<br>【テスト環境】CPU:Core i5-750(2.66GHz)、メモリー:DDR3-1333 1GB×2、HDD:ST380815AS(Seagate Technology)、BDドライブ:DH-401S(Lite-on)、グラフィックスボード:RADEON HD 3450搭載製品、電源:CoRE PoWER 2 500W(サイズ)、OS:Windows 7 Home Premium 32ビット日本語版
省電力機能「EPU 6-Engine」の設定は初期値の「ハイパフォーマンス」のまま、消費電力を測定した。本製品も、下位モデル「P7P55D-E」も、さほど変わらなかった。
【テスト環境】CPU:Core i5-750(2.66GHz)、メモリー:DDR3-1333 1GB×2、HDD:ST380815AS(Seagate Technology)、BDドライブ:DH-401S(Lite-on)、グラフィックスボード:RADEON HD 3450搭載製品、電源:CoRE PoWER 2 500W(サイズ)、OS:Windows 7 Home Premium 32ビット日本語版