PR

[画像のクリックで拡大表示]

 プロ並みの画像編集ができる「フォトショップ・エレメンツ」の最新版「9」が10月1日に登場した。「画像編集は操作が複雑そう」と考える人もいるだろうが、さにあらず。エレメンツなら、高度な編集が誰にでも簡単にできる[注]。

 「9」の特徴は、画面右側の「ガイド」メニューが使いやすくなったこと(図1)。具体的な操作手順や、編集後のサンプル写真が表示されるため、編集作業のイメージがわきやすい。新たに追加された「楽しい編集」画面では、写真をポップアート風に加工したり、顔写真の肌質をなめらかにしたりできる。

図1 「ガイド」メニューに、「楽しい編集」という項目が追加された。既存のメニューも、操作手順がより分かりやすくなっている
図1 「ガイド」メニューに、「楽しい編集」という項目が追加された。既存のメニューも、操作手順がより分かりやすくなっている
[画像のクリックで拡大表示]

 画像に写りこんだ余計な物を、背景の色に合わせてきれいに消せるのも大きな魅力(図2)。「ガイド」メニューで「傷や汚れを微調整」を選び、「スポット修復ブラシ」で対象を塗りつぶすだけだ。周りの画像や色に置き換わり、あっという間に"無かったこと"にしてくれる(図3)。

図2 不要な人物が写真に写ってしまっても、フォトショップ・エレメンツを使えば簡単に消すことができる
図2 不要な人物が写真に写ってしまっても、フォトショップ・エレメンツを使えば簡単に消すことができる
[画像のクリックで拡大表示]

図3 操作は簡単。図1の「ガイド」メニューで「傷や汚れを微調整」を選び、「スポット修復ブラシ」をクリックする(1)。後は消したいものを塗りつぶすだけだ(2)
図3 操作は簡単。図1の「ガイド」メニューで「傷や汚れを微調整」を選び、「スポット修復ブラシ」をクリックする(1)。後は消したいものを塗りつぶすだけだ(2)
[画像のクリックで拡大表示]

 パノラマ写真も簡単に作成可能だ(図4)。パノラマ用に撮影した複数の風景画像を選ぶと、ソフトが自動でつなぎ目を検出し、合成する。端にできた空白部分も周りの色に合わせて塗りつぶされる。4枚以上をつなげると違和感の無い仕上がりになる(図5)。

図4 複数の風景写真をつなげて、パノラマ写真を作ることもできる。4枚以上選ぶときれいに仕上がる
図4 複数の風景写真をつなげて、パノラマ写真を作ることもできる。4枚以上選ぶときれいに仕上がる
[画像のクリックで拡大表示]

図5 「ファイル」メニューから「新規」→「Photomerge Panorama」を選択する(1)。次の画面で元の写真を複数選ぶと、自動で合成される。開く画面で「はい」を押すと端が塗りつぶされて完成だ(2)
図5 「ファイル」メニューから「新規」→「Photomerge Panorama」を選択する(1)。次の画面で元の写真を複数選ぶと、自動で合成される。開く画面で「はい」を押すと端が塗りつぶされて完成だ(2)
[画像のクリックで拡大表示]

[注] 今回の記事はベータ版で評価したため、製品版と機能が一部異なる場合がある