PR

「StorageSweeper」(eax 氏)

要らなくなったHDD、情報をすべて抹消してから処分したい!

 こないだからいろんなモノを整理していたらしいダンナ、昔のHDDとかが大量にあって、しかもイマドキのHDDからみるとずいぶん小容量のものばかりで処分したい(リサイクルショップに引き取ってもらうとか、または廃棄とか…)というわけで、処分に先立ってHDDにあるデータをすべて抹消して二度と復旧できないよう(乱数などのデータを上書きして)抹消つまり完全消去してくれるソフトはないかという。

 ご存じのとおり、HDDやUSBメモリー、メモリーカードなどのデータストレージの「空き領域」は、ファイル名などの「表」の情報が消されて“空き領域”扱いにはなっているものの、書かれたデータは残っている。だからデータ復旧ソフトを使って復活できる可能性もある。なので、この「空き領域」扱いの場所に繰り返し数字などを上書きすることで、データを復元不可能な状態にしてくれる抹消ソフトがあると安全、というわけ。

 聞かれて簡単に思いついたのが、けっこう前にこのコラムで紹介したデータ抹消ソフト。でもこれが、今は更新されてないらしく使えない。ならば手持ちの(市販の)データ復旧ソフトにそういう機能があったはずだと記憶を頼りにインストールしてみたら、その機能が見つからない…。

 いろいろ調べて分かったのだが、そのデータ復旧ソフトには以前はデータ抹消機能があったものの、今は別ソフトに分かれてしまっている。まあ、昔は個人情報保護のためのデータ抹消について、それほど神経質ではなかったのが、時代の流れとともにかなり重要視されてきて、単体のソフトとして発売したほうが、単体機能のみ欲しい人もいたりなどで、メーカー&ユーザー両者に有利と判断しているのであろう、みたいな。

 そんなこんなで、再びダンナ「Windows 7で動いて、シンプルでいい感じの“データ抹消ソフト”はないか? エミくん」。とはいえ筆者の記憶に出てきたものは、フロッピーで起動してコマンド打つ古風なソフト。念のため「フロッピーで(起動して)コマンド(打つヤツ)じゃダメ?」「…ダメ。」という返事。そういえばイマドキのパソコンってフロッピードライブも付いてないし(笑)。

 というわけで、探してきたのがこの「StorageSweeper」というソフト。説明にはこうある。

HDD消去ツールです。ハードディスク等の消去を行うことができます。
また、フォーマットを行わない場合、空き領域のみ消去を行います。
USBメモリーやメモリーカードなどもOKです。
Windows上で認識されているドライブのみ対応しています。

 ここで、基本機能以外にさらに注目すべきは「空き領域のみの完全消去」ができるという機能。これは、USBメモリーやメモリーカードなどでデータの受け渡しを行う場合に便利かと思うのだ。なんとなく相手が興味本位で受け渡し用のメモリーの空き領域をスキャンしたら…みたいな状況も、可能性としてゼロではないわけだし、もしそこでなんかヘンなものとか見つかったら、それこそお互いに不愉快にもなりかねない。そういった事態を事前に防止できる。特にふだんはプライベート用に使っているメモリーを緊急でデータ受渡しに用いたりする場合にもこのソフトで空き領域のみを抹消しておけば安心だ。

 あと、非常にコンパクトでインストールも不要なソフトだから、パソコンのディスクはもちろん、USBメモリー内に入れておいてもじゃまにならないのが好感持てるし。

 そんな感じで、ディスクやメモリーメディア処分時の抹消や、受け渡し時の空き領域の抹消に便利な「StorageSweeper」をダウンロードして使ってみよう。