PR

 仕事で使った書類や、私用で購入した雑誌や書籍・・・。知らぬ間にたまっていく紙類は、PDF化して管理しよう。おススメの周辺機器は、1分間に数十枚の用紙を一気に取り込めるドキュメントスキャナー。なかでも「ScanSnap S1500」は、実績のある定番製品だ(図1)。

図1 「ScanSnap S1500」は、書類の電子化に特化したドキュメントスキャナー。ADF(自動給紙装置)を搭載して、1分間に20枚のA4用紙を連続スキャン。PDFファイルやJPEGなどの画像ファイルに変換する
図1 「ScanSnap S1500」は、書類の電子化に特化したドキュメントスキャナー。ADF(自動給紙装置)を搭載して、1分間に20枚のA4用紙を連続スキャン。PDFファイルやJPEGなどの画像ファイルに変換する

 スキャナー機能は、プリンター複合機にも搭載されているが、大多数の製品は用紙を1枚ずつしか取り込めないという欠点がある。大量の書類、雑誌や書籍を1冊丸ごとPDF化したいなら、ドキュメントスキャナーがベストだ(図2)。

●「紙→PDF」に特化したスキャナー
図2 ドキュメントスキャナーのメリットは、なんといっても作業効率の高さ。ScanSnap S1500は、1度に50枚までのA4用紙、しかも両面同時に取り込める。一般のプリンター複合機と比べると、その差は歴然だ
図2 ドキュメントスキャナーのメリットは、なんといっても作業効率の高さ。ScanSnap S1500は、1度に50枚までのA4用紙、しかも両面同時に取り込める。一般のプリンター複合機と比べると、その差は歴然だ
[画像のクリックで拡大表示]