PR

 3TBのHDDがWestern Digitalに続き、日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)からも発売された。HDDの長所は、SSDには無い容量の大きさだ。まだ若干割高とはいえ、3TBもの大容量はとても魅力的。小型のPCを強化する場合でも、HDD1台で3TBもの大容量が手に入る。

 だが3TB HDDは、これまでの2TBや1.5TBなどのHDDとは別物だ。例えば、Windows XPに対応しておらず、通常は使えない。試しにXPが動作するPCに接続してみると、ドライブは認識されるものの、746GBの容量にしかならないのだ。しかも、フォーマットできないので、データを保存する用途にも使えないなど、多くの落とし穴がある。

[画像のクリックで拡大表示]