PR

 次にデータ(文書ファイル)の互換性を見ていこう。結論から言うと、いくつかの注意点に気を付ければ、互換性は十分に実用レベルと言える。微妙に非互換な部分が散見されるものの、基本的にはOffice 2003と互換性がある。

 キングソフトオフィスの表計算(スプレッドシート)、ワープロ(ライター)、プレゼンテーションはそれぞれバージョン2003までのExcel、Word、PowerPointの文書ファイルを読み書きできる(図1)。このほかにキングソフト独自の形式での保存も可能だが、めったに使うことはないだろう。

図1 本家オフィスは2007からファイル形式が変更された。正式には2003までの形式を97-2003形式、2007/2010の形式をオープンXML形式という。両者はアイコンが微妙に違い、拡張子も異なる(末尾にxが付く)。キングソフトオフィスは2003形式を読み書きできる。2007形式は読み込みのみに対応する
図1 本家オフィスは2007からファイル形式が変更された。正式には2003までの形式を97-2003形式、2007/2010の形式をオープンXML形式という。両者はアイコンが微妙に違い、拡張子も異なる(末尾にxが付く)。キングソフトオフィスは2003形式を読み書きできる。2007形式は読み込みのみに対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 本家オフィスが入っていないパソコンでは、ファイルの関連付けを変更しておくとよい。拡張子がdoc、xls、pptの文書ファイルをダブルクリックするとキングソフトオフィスで開くように設定できる。

 Office 2007や2010ではオープンXMLという新しいファイル形式を採用しているが、これらについては開けるが保存はできない。文書を修正して保存したければ2003形式か独自形式で保存することになる。

 ちなみに「ファイル」→「開く」の画面は既定のままだと「ファイルの種類」欄が「一般のファイル」となっていて、2007形式の文書ファイルが表示されない。「すべてのファイル」に変更する必要があるので注意しよう(図2)。

図2 キングソフトオフィスで「ファイル」メニューの「開く」を選んでも、初期状態では2007形式のファイルは現れない。「ファイルの種類」欄で「すべてのファイル(*.*)」に切り替えると現れる
図2 キングソフトオフィスで「ファイル」メニューの「開く」を選んでも、初期状態では2007形式のファイルは現れない。「ファイルの種類」欄で「すべてのファイル(*.*)」に切り替えると現れる
[画像のクリックで拡大表示]