PR

[画像のクリックで拡大表示]

 パソコンの画面を無線LAN経由でテレビに映せるアダプターが、続々と登場した。インテルの「ワイヤレス・ディスプレイ(WiDi)」に対応した製品で、HDMIケーブルでテレビにつなげば、WiDi対応ノートパソコンの画面をテレビに映すことができる(図1)。

図1 WDA-X1をテレビに接続すると、WiDi対応パソコンの画面を無線でテレビに送信できる。無線通信には、IEEE802.11nの無線LANを利用する。テレビとアダプターはHDMIで接続する
図1 WDA-X1をテレビに接続すると、WiDi対応パソコンの画面を無線でテレビに送信できる。無線通信には、IEEE802.11nの無線LANを利用する。テレビとアダプターはHDMIで接続する
[画像のクリックで拡大表示]

 アイ・オー・データ機器の「WDA-X1」も対応製品の1つだ。最新規格のWiDi2.0に対応、1920×1080のフルハイビジョン映像を転送できる。

 接続はとても簡単。WDA-X1をテレビにつないだ後、WiDi対応パソコンの設定画面で「接続」を押せば、パソコンの画面がテレビに映る(図2、図3)。ケーブルの抜き差しなしで、手軽にテレビに出力できてとても快適だ。

図2 テレビにWDA-X1をつなぎテレビの入力をHDMIにすると、「接続の準備が完了…」という画面になる
図2 テレビにWDA-X1をつなぎテレビの入力をHDMIにすると、「接続の準備が完了…」という画面になる
[画像のクリックで拡大表示]

図3 パソコン側の設定も簡単。WiDi対応ノートパソコンのデスクトップにあるアイコンをダブルクリックして設定画面を開き、「接続」を押すだけだ
図3 パソコン側の設定も簡単。WiDi対応ノートパソコンのデスクトップにあるアイコンをダブルクリックして設定画面を開き、「接続」を押すだけだ
[画像のクリックで拡大表示]

 テレビとパソコンを左右に並べると、テレビの映像がわずかに遅れる(図4、図5)。これは画像転送時に圧縮作業を行っているためだ[注]。ただし、家庭でテレビに映す場合は、ユーザーが見るのはテレビだけなので問題にはならないだろう。

 3月中旬時点では、DVDやブルーレイ、地上デジタル放送などの著作権保護付きの映像の再生はできない。ただし、DVD、ブルーレイについては、近く対応可能になる予定だ。

図4 図2、図3の作業が終わると、パソコンの画面がテレビに映る。テレビの画面は表示に遅延が出る
図4 図2、図3の作業が終わると、パソコンの画面がテレビに映る。テレビの画面は表示に遅延が出る

図5 ディスプレイの設定を変更すると、一方だけを表示させたり、2つの画面を左右につながったデスクトップ画面にすることもできる
図5 ディスプレイの設定を変更すると、一方だけを表示させたり、2つの画面を左右につながったデスクトップ画面にすることもできる
[画像のクリックで拡大表示]

[注] WiDiでは、画面のデータを圧縮してテレビに送信する。この作業により表示に若干の遅延が生じる