PR

防水・防塵・耐衝撃の3拍子が揃っている

 今回は、au(KDDI)から発売されている「G'zOne IS11CA」を取り上げる。筆者自身、発売日(7月14日)に購入したが、G'zOneは従来型ケータイでも人気のブランドだっただけに、「待ってました!」とばかりに即買いした人は多いのではないかと思う。

 G'zOneの最大の特徴は、防水、防塵に加えて、耐衝撃性も備えた頑強な構造だ。防水性能はIPX5/8等級、防塵性能はIP5X等級。耐衝撃性は、米国国防総省が定めた「MIL規格」に準拠する落下試験をクリアしている。それぞれのテストの基準については、ここでは詳しく言及しないが、雨天でも使え、多少汚れても水道水でジャブジャブ洗って、すぐに乾いた布などで拭けば大丈夫。万一、落としてもディスプレイが割れたり、内部が破損して動作不良を起したりする可能性は極めて少ない。現行のスマートフォンの中では最もタフで、安心して長く使い続けられる端末と捉えていいだろう。

 ただし、端末が頑丈だからといって、長く“快適に”使えるとは限らない。日常的な用途においてはタフネス構造による安心感よりも、端末の操作感やタッチレスポンス、スタミナなどが重要であることは言うまでもない。そうした視点も含めて、さっそくG'zOne IS11CAをレビューしていきたいと思う。

端末の周囲がバンパーで保護され、それがデザイン的な特徴にもなっている
端末の周囲がバンパーで保護され、それがデザイン的な特徴にもなっている
[画像のクリックで拡大表示]

背面カバーはラバー素材で、水が侵入しないようにピッタリ密閉できる
背面カバーはラバー素材で、水が侵入しないようにピッタリ密閉できる
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い