PR

 PLEXTORブランドの新型SSD「M3」シリーズが間もなく日本でも発売される。M3シリーズは、2011年11月に発表されたSerial ATA 6Gbps接続のSSDで、Marvell Technology Group製のコントローラーと、東芝製のNANDフラッシュメモリーを組み合わせている。使い込んでも遅くならないとうたう「True Speed」機能を備える点が特徴だ。日経WinPCはM3の128GB版と256GB版を入手。読み書き性能を測定した。

PLEXTORブランドの新型SSD「M3」シリーズ。
PLEXTORブランドの新型SSD「M3」シリーズ。
[画像のクリックで拡大表示]

 M3でまず登場するのは128GBの「PX-128M3」と256GBの「PX-256M3」。いずれもコントローラーはMarvellの「88SS9174」、NANDフラッシュメモリーは24nmプロセスで製造した東芝製のMLC(Multi Level Cell)タイプだ。パッケージには3.5インチベイに取り付けるマウンターや、システム移行用のソフトとして「True Image」(Acronis)のOEM版が付属する。

 128GB版はキャッシュ容量256MBで予想実勢価格は1万7800円。公称値は順次読み出しが510MB/秒、書き込みが順次210MB/秒。4KBのランダム読み出しは7万IOPS(1秒間当たりの入出力回数)、書き込みは5万IOPSだ。256GB版はキャッシュが大きく512MBある。予想実勢価格は3万4800円だ。順次読み出しは510MB/秒、書き込みは360MB/秒。4KBのランダム読み出しは7万IOPS、書き込みは6万5000IOPSとなっている。

PX-128M3の基板。コントローラーはMarvell製だ。
PX-128M3の基板。コントローラーはMarvell製だ。
[画像のクリックで拡大表示]

NANDフラッシュメモリーは東芝製。
NANDフラッシュメモリーは東芝製。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回は現行品の「M2P」シリーズと比較した。M2PシリーズのコントローラーはM3と同じ、Marvellの88SS9174だ。NANDフラッシュメモリーも東芝製を使っている。下にM3とM2Pの主な仕様をまとめた。M3は書き込みの公称値がM2Pより若干低い。大きな違いは保証期間。国内の販売代理店であるリンクスインターナショナルによる保証がM2Pは3年間なのに対し、M3は5年間だ。

●M3シリーズ、M2Pシリーズの主な仕様
PX-128M3PX-256M3PX-128M2PPX-256M2P
キャッシュ容量256MB512MB256MB512MB
順次読み出し(MB/秒)510510500500
順次書き込み(MB/秒)210360320440
ランダム読み出し(IOPS、4KB)7万7万7万7万
ランダム書き込み(IOPS、4KB)5万6万50006万50006万5000
保証期間5年間5年間3年間3年間

 テストに使用したパーツは以下の通りだ。

●テストに使用したパーツ
CPUCore i7-3960X Extreme Edition(3.3GHz)
マザーボードRampage IV Extreme(ASUSTeK Computer、Intel X79搭載)
メモリーDDR3-1600 2GB×4
OSWindows 7 Ultimate Service Pack 1 64ビット日本語版