PR

[画像のクリックで拡大表示]

 「iスキャミル」はiPad専用のスキャナーだ。本体上面のスロットにiPadを取り付けて使用する(図1)[注2]。他には電源を接続するだけ[注3]。パソコンは使用しない。データは、iPadにJPEG画像として保存される。

図1 本体の上面にiPadを挿す。電源は付属のUSBケーブルを、iPadの電源アダプターに接続する。スキャンしない場合は、iPadの充電も可能
図1 本体の上面にiPadを挿す。電源は付属のUSBケーブルを、iPadの電源アダプターに接続する。スキャンしない場合は、iPadの充電も可能
[画像のクリックで拡大表示]

 最初にiPadを取り付けたときに、スキャン用アプリ「i-Scan」をインストールする(図2)。2回目以降は、i-Scanが自動的に起動する(図3)。

図2 初回接続時に、スキャン用の専用アプリをインストールするように促される(1)。画面に従い、Appストアを開いて、「i-Scan」をインストールする(2)
図2 初回接続時に、スキャン用の専用アプリをインストールするように促される(1)。画面に従い、Appストアを開いて、「i-Scan」をインストールする(2)
[画像のクリックで拡大表示]

図3 次回以降は、iPadを取り付けるたびにアプリが自動的に起動する。アプリ上ではiスキャミルは「DSS10」と表示される。「許可」をタップして起動する
図3 次回以降は、iPadを取り付けるたびにアプリが自動的に起動する。アプリ上ではiスキャミルは「DSS10」と表示される。「許可」をタップして起動する
[画像のクリックで拡大表示]

[注1] iPadは含まれない
[注2] 3月中旬時点で、iPadおよびiPad2に対応。新型iPadは動作確認中
[注3] 付属のUSBケーブルを、iPadの電源アダプターに接続する