PR

 Serial ATA 6Gbpsに対応したSSDの新製品が相次いで登場した。OCZ Technologyの「Vertex 4」と東芝の「SSDN-3T120B」だ。日経WinPCはそれぞれの製品版を入手。速度を測定した。

 Vertex 4はINDILINX製のコントローラーチップ「Everest 2」を採用したMLCタイプのSSD。128G/256G/512GBの3モデルある。公称速度は順次読み出しが全モデルで535MB/秒。書き込み速度は128GBモデルが200MB/秒、256GBモデルが380MB/秒、512GBモデルは475MB/秒。ランダム4KBアクセスは読み出しが128GBと256GBは9万IOPS(1秒当たりの読み書き操作回数)、512GBが9万5000IOPS。書き込みは全モデルが8万IOPSとなっている。実勢価格は128GBモデルが1万6000~1万9000円、256GBが3万2000~3万5000円、512GBは6万5000~7万円だ。

OCZ TechnologyのVertex 4。INDILINX製の新コントローラー「Everest 2」を採用した。128G/256G/512GBモデルがある。
OCZ TechnologyのVertex 4。INDILINX製の新コントローラー「Everest 2」を採用した。128G/256G/512GBモデルがある。
[画像のクリックで拡大表示]

Vertex 4 128GBモデルの基板。コントローラーの型番は「IDX400M00-BC」だ。フラッシュメモリーはIntel製の「29F64G08ACME3」を採用している。
Vertex 4 128GBモデルの基板。コントローラーの型番は「IDX400M00-BC」だ。フラッシュメモリーはIntel製の「29F64G08ACME3」を採用している。
[画像のクリックで拡大表示]

 SSDN-3T120Bは東芝製のコントローラーを搭載したアイ・オー・データ機器のSSD。容量は120GBのみだ。公称値は順次読み出しが480MB/秒、順次書き込みが350MB/秒。ランダムアクセスは読み出しが440MB/秒(5万8000IOPS)、書き込みが340MB/秒(7万3000IOPS)。アイ・オー・データ機器のWebサイトでの直販価格は1万4980円。

SSDN-3T120B。120GBモデルのみ。
SSDN-3T120B。120GBモデルのみ。
[画像のクリックで拡大表示]

SSDN-3T120Bの基板。コントローラーとフラッシュメモリーのどちらも東芝の刻印がある。型番はコントローラーが「TC58NC5HJ8GSB-01」、フラッシュメモリーが「TH58TEG8DBHBASC」だった。
SSDN-3T120Bの基板。コントローラーとフラッシュメモリーのどちらも東芝の刻印がある。型番はコントローラーが「TC58NC5HJ8GSB-01」、フラッシュメモリーが「TH58TEG8DBHBASC」だった。
[画像のクリックで拡大表示]

 テストには、CPUがCore i7-2600(3.4GHz)、マザーボードはP8Z68 DELUXE/GEN3(ASUSTeK Computer、Intel Z68搭載)、メモリーはDDR3-1333 2GB×2のPCを使用した。OSはWindows 7 Ultimate Service Pack 1 64ビット日本語版で、ストレージの動作モードはAHCI。マザーボードメーカーが用意しているデバイスドライバーをインストールした。

 まずはVertex 4のテスト結果からだ。ゼロデータを読み書きする「ATTO Disk Benchmark」(ATTO Technology)では、Vertex 4の128GBモデルも512GBも読み出しは約530MB/秒。書き込みは128GBモデルが200MB/秒弱だったが、512GBは460MB/秒を超えている。これは相当速い部類だ。ランダムなデータを読み書きするように設定した「CrystalDiskMark 3.0.1」(ひよひよ氏作のフリーソフト)では読み出しが410MB/秒前後になるものの、書き込みはATTO Disk Benchmarkと同じ傾向。ランダム512KBの書き込みも速かった。

Vertex 4における「ATTO Disk Benchmark」(ATTO Technology)のテスト結果。左が128GBモデル、右は512GBモデル。ATTO Disk Benchmarkはデータとしてゼロを読み書きする。
Vertex 4における「ATTO Disk Benchmark」(ATTO Technology)のテスト結果。左が128GBモデル、右は512GBモデル。ATTO Disk Benchmarkはデータとしてゼロを読み書きする。
[画像のクリックで拡大表示]

Vertex 4における「CrystalDiskMark 3.0.1」(ひよひよ氏作)のテスト結果。左が128GBモデル、右は512GBモデル。
Vertex 4における「CrystalDiskMark 3.0.1」(ひよひよ氏作)のテスト結果。左が128GBモデル、右は512GBモデル。
[画像のクリックで拡大表示]