PR

[画像のクリックで拡大表示]

 「DS-30」は、スティックタイプのモバイルスキャナー。かばんに入れて持ち歩き、外出先でも利用できるように、本体を幅276×奥行き50×高さ36.5ミリ、重さは約325グラムと小型軽量なサイズとした(図1)。

図1 セイコーエプソンとしては初のモバイルスキャナー。持ち運びを最優先に、スティックタイプの小型軽量ボディーを採用した
図1 セイコーエプソンとしては初のモバイルスキャナー。持ち運びを最優先に、スティックタイプの小型軽量ボディーを採用した
[画像のクリックで拡大表示]

 USBバスパワーで動作するのも特徴(図2)。本体とパソコンをSUBケーブルでつなぐだけで、モノクロやカラーのA4書類を1枚13秒[注1]でスキャンし、PDFや画像ファイルへと変換できる(読み取りは片面のみ)。対応する用紙サイズは、名刺からA4まで。

[注1]解像度200dpi、300dpi時

図2 USBバスパワーで駆動する。文書を本体にセット。スキャンボタンを押すと読み取りが開始。スキャンソフトを起動して読み取りも可能(図3)
図2 USBバスパワーで駆動する。文書を本体にセット。スキャンボタンを押すと読み取りが開始。スキャンソフトを起動して読み取りも可能(図3)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料