PR

 パソコンでこんなことがしたいけれど、わざわざ市販ソフトを買うのはもったいない─。そんなとき役に立つのがフリーソフトだ。

 フリーソフトは、市販ソフトに比べて機能が絞り込まれていることが多い。そのため、自分のニーズに合ったソフトを探しやすいうえ、操作が簡単。しかも無料なのだから、試さない手はない。

 この連載では、パソコンを使う中で起こるちょっとした「不満」や「不便」をズバッと解決するフリーソフトを紹介していこう。

簡単な修整作業で失敗写真がよみがえる!

 今回紹介するのは、デジタルカメラで撮影した写真の修整に便利な画像編集ソフト「ジェイトリム」だ(図1)。

図1 「ジェイトリム」は、デジカメ写真の修整に特化したフリーソフト。逆光で暗くなってしまった写真や赤目写真なども簡単に修整できる。また画像をセピアやモノクロに変換するといった加工機能も充実している
図1 「ジェイトリム」は、デジカメ写真の修整に特化したフリーソフト。逆光で暗くなってしまった写真や赤目写真なども簡単に修整できる。また画像をセピアやモノクロに変換するといった加工機能も充実している
[画像のクリックで拡大表示]

 いまどきのデジカメは性能が上がったとはいえ、失敗はつきもの。市販の画像編集ソフトを使えば失敗写真の修整はできるが、高価なうえ機能が多すぎて目的のものを探しづらい。その点ジェイトリムは、明るさ調整やトリミングなどのデジカメ写真を修整するための基本機能を備えつつ、操作も直感的でわかりやすい。

 例えば、屋内撮影や逆光で人物が暗くなってしまった写真や「赤目」写真も、あっという間に修整できる。さらにセピアやモノクロ、油絵風などに加工する機能もある。デジカメ写真の編集ならこれ1本でOKだ。

 「ジェイトリム」は、ベクターのサイトから入手できる。LZH形式の圧縮ファイルをダウンロードしたら、解凍しておこう[注2]。解凍したフォルダー内にある実行形式のファイルをダブルクリックすると、ソフトを起動できる(図2)。

●ベクターのサイトからソフトを入手
図2 ベクターのサイトからLZHファイルを入手。解凍後、実行ファイルをダブルクリックして起動する
図2 ベクターのサイトからLZHファイルを入手。解凍後、実行ファイルをダブルクリックして起動する

[注1]Vista/7は編集部で検証済み
[注2]Windows 7ではLZHファイルを右クリックして「すべて展開」を選ぶ。Vista/XPはLZH形式の解凍ソフトが必要だ。マイクロソフトのウェブサイト(http://support.microsoft.com/kb/896133/ja)から入手できる

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い