マイクロソフトの「Office 2010」の後継となる「Office 2013」の試用版が一般公開され、その全容が明らかになりました。次期OSのWindows8に合わせ、タッチ操作やSkyDriveへの対応を強化。ExcelやWordなどのアプリも使い勝手がグンとアップしました。どこがどう変わったのか、具体的に見ていきましょう。