PR

 今年はOfficeのターニングポイントと言える年かもしれない。これまで慣れ親しんできたパッケージソフトは新たにOffice 2013へとバージョンアップした。新しいOfficeはWindows 8だけではなく、タブレットなど新しいデバイスへの対応が進み、見た目や操作感が大きく変わった。それだけではない。クラウドサービスとして提供される「Office 365 ProPlus」も登場した。これもOfficeの新しい一形態である。

 これからはOfficeが多様な形で利用できるようになる。……しかし、最初は「クラウド」や「サービス」と耳慣れない言葉や、従来のパッケージソフトとの違いに戸惑うかもしれない。ここで「Office 365 ProPlus」を中心に従来のOfficeとはどう違うのか、あらためて整理しよう。

サービスのOffice、オンプレミスのOffice

 まずは提供形態。大きく2つに分けることができる。従来の提供形態、つまりパッケージ製品(Officeスイート)をパソコンにインストールしたり、プリインストールされたパソコンを購入するパターンだ。具体的な商品名では、「Office Professional 2013」「Office Home and Business 2013」「Office Personal 2013」「Microsoft Office Home and Business 2013」などとなる。後述するクラウドサービスと区別するために、これらパッケージ製品をここでは「オンプレミス」のOfficeと呼ぶ。およそ「自社(自分)で管理する」といった意味である。オンプレミスの目印は「2013」とバージョン番号が付いていることだ。

 新しい提供形態となるのがクラウドサービスとしてのOfficeソフト。具体的には「Office 365 ProPlus」が該当する。これは「Office 365」というマイクロソフトのクラウド版グループウエアサービスの中にあるサービス(メニュー)の一つで、実質的な機能は企業向けのOffice 2013と全く同じ。例えばExcel 2013の「PowerView」、PowerPoint 2013の「発表者ビュー」、マウスとタッチの自動判別など、Office 2013の新機能はそのまま使える。プログラムがパソコンにインストールされるのも同じ。

 オンプレミスと違うのは「サービス」であるということだ。加えてライセンスの考え方が異なる。オンプレミスは、ライセンス当たり2台までインストールが可能となっている。一方、サービスでは、ユーザー当たり5台までの端末にインストールできるようになっている。

サービスのOfficeとオンプレミスのOffice
ソフト/サービスクラウドサービスオンプレミス
名称Office 365 ProPlusOffice Professional Plus 2013 / Office Standard 2013
バージョン常に最新インストール時のもの
ライセンスサブスクリプション(月額・年額)永続ライセンス
ライセンスの単位ユーザー単位デバイス単位
使用可能なデバイス数ユーザー当たり5台までライセンス当たり2台まで
提供形態クラウドから配信Windowsインストーラー
共存新旧バージョンの共存可能共存不可