PR

「Exif読取り君」(Distant Thunor)

「Free EXIF Eraser」(exiferaser.com)

最近、スマホの写真を人に渡すことも多いが…

 最近の筆者は、もっぱらスマートフォンのカメラでいろいろ撮っている。スマホの内蔵カメラはまあまあ高性能だし、そのままネットにアップしたりSNSで投稿したりもできる。従って、デジカメの出番はあまりなくなっている。友だちと出かけたりした際も、たいていスマホで写真を撮り合うわけなので、ほとんどスマホのカメラで済ませている、という人はけっこう多いと思う。

 スマホのカメラで写真を撮ると、位置情報を取得できるGPS機能で、撮影した写真データに、撮影地の位置情報が埋め込まれる仕組みになっている。この機能をオフにすることもできるが、筆者はたいていオンにして使っている。後で写真から地図を表示したり、地図上に写真を表示したり、撮影地別に写真を見たり、さまざまな便利機能が使えるからだ。

Exifに埋め込まれた意外な個人情報

 この写真に埋め込まれる位置情報は、いわゆる「Exif」として写真に埋め込まれる情報の1つ。他にも、撮影日時、カメラのモデル名やメーカー名、レンズの焦点距離、絞り/シャッター速度などの撮影情報も含むため、撮影記録や日時のメモとしてかなり有用だ。その反面、個人情報が漏れてしまうなどの恐れもある。

 最も気をつけなければならないのは位置情報だろう。もちろん、観光地や、外出先のお店などは問題ない(日時なども当然埋め込まれるので、行動が分かってしまうという点では「全く問題ない」とは言えないが…)。だが、家で撮った食事の写真や、職場への行き来の風景、職場付近で撮った写真などには、当然それなりの位置情報が埋め込まれてしまうわけで、そうすると、家や職場などの個人情報がバレバレ、となってしまう。

図1 小物を撮ったスマホ写真、Exif読み取りソフト(今回紹介する「Exif読取り君」)でExif情報を表示し、地図に表示すると、モロに自宅の場所が表示されて、アセアセ…
図1 小物を撮ったスマホ写真、Exif読み取りソフト(今回紹介する「Exif読取り君」)でExif情報を表示し、地図に表示すると、モロに自宅の場所が表示されて、アセアセ…
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い