最後に、Office 2013が入っていないパソコン向けに、購入とインストールの手順を見ていこう。Office 2013のパッケージには、含まれているアプリが異なる複数の種類があるので、目的に応じて選ぼう(図1)。対応OSはWindows 8/7で、3GB以上のHDD空き容量が必要だ。

パッケージによって含まれるアプリが違う
図1 アプリが異なるパッケージがいくつかある。対応OSはWindows 8/7。パッケージにはプロダクトキーが書かれたカードが入っており、DVDなどのディスクは入っていない
図1 アプリが異なるパッケージがいくつかある。対応OSはWindows 8/7。パッケージにはプロダクトキーが書かれたカードが入っており、DVDなどのディスクは入っていない
[画像のクリックで拡大表示]

 Office 2013が従来のパッケージと異なるのは、DVDなどのメディアが入っていないこと。マイクロソフトのウェブサイト(http://www.office.com/setup/)にアクセスして、パッケージに入っている25文字のプロダクトキーを入力すると、アプリがインターネットからダウンロード/インストールされる仕組みだ(図2)。

ウェブサイトからインストールする
図2 上記URL(<a href=http://www.office.com/setup/)にアクセスし、プロダクトキーを入力してダウンロード/インストールを開始する">
図2 上記URL(http://www.office.com/setup/)にアクセスし、プロダクトキーを入力してダウンロード/インストールを開始する
[画像のクリックで拡大表示]

 その際はマイクロソフトアカウントによるサインインが必要となる(図3)。同アカウントは無料で取得できるので、持っていない場合は図3の画面の左外側にある「サインアップ」ボタンを押して取得しておこう。

図3 利用者をひも付けるためサインインを求められる。マイクロソフトアカウントを持っていない場合は、この画面の左外側にある「サインアップ」ボタンを押して取得しておこう(無料)
図3 利用者をひも付けるためサインインを求められる。マイクロソフトアカウントを持っていない場合は、この画面の左外側にある「サインアップ」ボタンを押して取得しておこう(無料)
[画像のクリックで拡大表示]