PR

[画像のクリックで拡大表示]

 「HP Slate7」は、低価格モデルが増えているAndroidタブレットの中でも、大手メーカー製品としては群を抜いて安い。それでも本体の質感は上々で、背面はしっとりとした手触りの「ソフトタッチ処理」が施されている。背面の色の違いにより2モデルを用意。ここで紹介した「シルバー」と、明るい色味の「レッド」がある。

 7型液晶なので片手で持って電子書籍を読みたいユーザーにも向く。ただし、重さは約370グラムと、このサイズにしては軽くない。

▼7型液晶を搭載、片手でラクラク持てる
7型タブレットとしては軽いほうではないが、片手で持っても余裕のあるサイズ。電子書籍や新聞を読むのにも向いている。ただし、液晶の画質がいま一歩なのは残念
7型タブレットとしては軽いほうではないが、片手で持っても余裕のあるサイズ。電子書籍や新聞を読むのにも向いている。ただし、液晶の画質がいま一歩なのは残念
[画像のクリックで拡大表示]

▼スタンドとして使える別売のデニムケース
別売で用意されるHP Slate7専用のデニムケース(直販価格2940円)。装着すると、ぐっとカジュアルな外観になる
別売で用意されるHP Slate7専用のデニムケース(直販価格2940円)。装着すると、ぐっとカジュアルな外観になる

デニムケースはスタンドにもなり、2段階で角度を調節できる。ネット動画を見るときなどにとても重宝する
デニムケースはスタンドにもなり、2段階で角度を調節できる。ネット動画を見るときなどにとても重宝する

 液晶は1024×600ドットと、上位モデルに比べると解像度が一段低い。画質もやや白っぽく、視野角も広いとは言えないので、映画や写真を見るにはやや物足りない印象だ。

 カメラは背面にも内蔵するが、画素数は300万画素にとどまる。また、GPSを内蔵しない点も留意しておきたい。

背面カメラは300万画素と、スマホに比べてもかなりスペックが低い。スナップ撮影でさえ画質は満足できない
背面カメラは300万画素と、スマホに比べてもかなりスペックが低い。スナップ撮影でさえ画質は満足できない

microSDカードスロットを内蔵するので、容量が不足したらメモリーを追加できる。8GBモデルでも不満なしだ
microSDカードスロットを内蔵するので、容量が不足したらメモリーを追加できる。8GBモデルでも不満なしだ

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料