PR

近未来な姿に、思わず食指が動く

 筆者はライターという職業柄、キーボードに対して少しこだわりがある。デスクトップパソコンで作業する際は、東プレ製「Real Force」という人間工学に基づいて設計されたキーボードが欠かせない。タイピングした感触がとても心地よく、疲れにくいため、キーボードを長時間使う人にお薦めしたい一品だ。

 そんな筆者にとって、「スマートフォンやタブレットで文字を快適に入力する」という点が大きなテーマとなっている。スマートフォンより画面の大きいタブレットでさえも、ソフトウエアキーボードを立ち上げると、物理的なキーボードに比べて狭く感じる。「いっそ、キーボードが付属したSurfaceを買ってこようか」「いや、折りたたみ式Bluetoothキーボードを外付けすればいい話だ」と、悩みは尽きない。

 そのような中で見つけてきたのが、エレコムの「TK-PBL042」だ。下記の写真を見て分かる通り、一見すると単なる小さな箱にしか見えない。しかし、電源を「オン」にすると、赤いレーザーが光り、机上にキーボードが現れるのだ! その姿はまるで、SF映画に登場するアイテムのようだ。この姿を見るだけで、思わず筆者の食指が動いてしまった。

 さっそく、調査を開始しよう。TK-PBL042とスマートフォンはBluetoothで接続するので、まずはペアリングする。ペアリング方法は、(1)スマートフォンの設定画面でBluetoothを「オン」にする、(2)TK-PBL042の電源を「オン」にする、(3)スマートフォンのBluetooth検索画面でTK-PBL042を選択する、という流れになる。

 そしてユニークだったのが、ペアリングのパスコードをTK-PBL042のキーボードで入力する点。つまり、赤いレーザーで描かれたキーボードでいきなり数字を入力するのだ。これには「えっ、いきなりキーボードを使うの? 心構えができてないよ!」と意表を突かれてしまった。

TK-PBL042から赤いレーザーが放たれる。コンパクトな本体からキーボードが投影される姿はとてもかっこいい。
TK-PBL042から赤いレーザーが放たれる。コンパクトな本体からキーボードが投影される姿はとてもかっこいい。
[画像のクリックで拡大表示]

平らな机であれば、キーボードはきれいに投影される。キーの文字や記号もはっきりと分かる。
平らな机であれば、キーボードはきれいに投影される。キーの文字や記号もはっきりと分かる。
[画像のクリックで拡大表示]

スマートフォンのBluetooth設定画面で要求されたパスコードを、TK-PBL042のキーボードで入力する。てっきり、スマートフォンのソフトウェアキーボードで入力すると思っていたので、戸惑ってしまった。
スマートフォンのBluetooth設定画面で要求されたパスコードを、TK-PBL042のキーボードで入力する。てっきり、スマートフォンのソフトウェアキーボードで入力すると思っていたので、戸惑ってしまった。
[画像のクリックで拡大表示]