PR

 「PowerShot S120」は、画質の高さや本体の質感、操作性を重視した高級デジカメだ。このクラスの製品のなかでは小型軽量で、気軽に持ち運びできる。ボタン類の数は最少限ながら、リングやボタンに割り当てる機能を柔軟に変えられる。「一眼レフのようにリングでズーム操作したい」「動画撮影ボタンにISO感度変更を割り当てたい」などと好みに応じて変更でき、手になじむ。

●撮像素子:1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー(有効1210万画素)●レンズ:光学5倍ズーム(35mm 判換算24~120mm 相当)●ISO感度:ISO80~12800●液晶モニター:3型(92.2万ドット)
●撮像素子:1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー(有効1210万画素)●レンズ:光学5倍ズーム(35mm 判換算24~120mm 相当)●ISO感度:ISO80~12800●液晶モニター:3型(92.2万ドット)
[画像のクリックで拡大表示]

▼デザインを一新して高級感を高めた
高級コンパクトデジカメでトップクラスの小型軽量ボディーは健在で、デザインや塗装の変更で高級感が高まった。液晶モニターは可動式ではないが視野角が広く、ハイアングルなどの撮影も実用的にできる。ドット数も92.2万ドットに向上し、写真を精細に確認できるようになった
高級コンパクトデジカメでトップクラスの小型軽量ボディーは健在で、デザインや塗装の変更で高級感が高まった。液晶モニターは可動式ではないが視野角が広く、ハイアングルなどの撮影も実用的にできる。ドット数も92.2万ドットに向上し、写真を精細に確認できるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

▼リングやボタンの機能は自由に変更できる
前面の大型リングは、一眼レフのレンズのように回して操作できる。背面の動画撮影ボタンやRING FUNC.ボタンとともに、露出補正やISO感度などから好きな機能を割り当てられ、設定を素早く変更できる
前面の大型リングは、一眼レフのレンズのように回して操作できる。背面の動画撮影ボタンやRING FUNC.ボタンとともに、露出補正やISO感度などから好きな機能を割り当てられ、設定を素早く変更できる
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホに比べて明るいレンズと大型の撮像素子を搭載し、室内や夜景などの薄暗いシーンがきれいに撮れる。背景を大きくぼかした撮影も可能だ。12.1コマ/秒の高速連写機能で、シャッターチャンスもとらえやすい。撮影した写真をWi-Fi経由でスマホに転送すれば、Facebookやメール送信に活用できる。

▼Wi-Fi経由でスマホと連携できる
Wi-Fi機能を内蔵しており、撮影した写真の一覧表示やスマホへの転送が可能。スマホからカメラを操作するリモート撮影機能はない
Wi-Fi機能を内蔵しており、撮影した写真の一覧表示やスマホへの転送が可能。スマホからカメラを操作するリモート撮影機能はない
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料