PR

今、大人向けガシャポンがアツい!

 幼い頃、誰もが夢中になったであろうカプセル玩具。100円玉を握りしめ、「ガチャガチャ」とハンドルを回す時のワクワク感。そして、カプセルを開けて、予想もしなかったオモチャが出てきた時のガッカリ感まで、すべてを含めてガシャポンの醍醐味と言える。ガシャポンはまさに、子どもが生涯初めて接するエンタテイメントなのかもしれない。

 そして現在、大人をターゲットにしたガシャポンが話題を呼んでいる。街のカプセル玩具コーナーをのぞくと、戦隊ヒーローや仮面ライダー、プリキュアなど、子どもに人気のキャラクターに交じって、大人向けのカプセル玩具が数多く並べられている。例えば、フィギュア・食玩のクオリティの高さで定評がある海洋堂のシリーズ、OL風の女性をコップの縁などに乗せる「コップのフチ子」、土下座したキャラクターが印象的な「土下座ストラップ」、フライにしたサメをフィギュアにした「サメフライ」など、数えたらキリがない。

 そのなかで、ひときわ異彩を放っていたのが、以前紹介したバンダイの「スマートパンツ」だ。「スマートフォンのホームボタンにパンツを履かせる」という奇想天外な発想で、思わず、度肝を抜かれてしまった。さらに今回、スマートパンツの派生版とも言うべきカプセル玩具が登場した。その名は「スマートキッス」。スマホアクセサリーの概念を根本から覆してくれたスマートパンツに続き、どのような結末が待っているのだろうか。さっそく、調査を開始しよう。

ヨドバシAkibaのガシャポンコーナーに足を運んだ。周りを見渡すと、スマートキッス以外にも、大人をターゲットにしたガシャポンが数多く並んでいる。
ヨドバシAkibaのガシャポンコーナーに足を運んだ。周りを見渡すと、スマートキッス以外にも、大人をターゲットにしたガシャポンが数多く並んでいる。
[画像のクリックで拡大表示]

今回は、200円×4個のカプセルを実際に手に入れた。果たして、その中身は……?
今回は、200円×4個のカプセルを実際に手に入れた。果たして、その中身は……?
[画像のクリックで拡大表示]