PR

 セイコーエプソンのプロジェクター「EB-1430WT」は投写した画面上に直接書き込みができるというインタラクティブ機能を備えたビジネス向けモデル。プロジェクターとして画像を映し出すだけではなく、専用ペンなどの操作によってリアルタイムで情報を追加できることが特徴である。

 従来モデル「EB-1410WT」(会議やブレストに最適なインタラクティブ・プロジェクターを徹底レビュー)と同様、製品はプロジェクター本体とインタフェース機能も備えたコントロールパッド、電子ペンなどから構成されており、パソコンとの連携、タブレットやスマホとの無線接続、プリンターやスキャナーといった周辺機器の直接制御に対応する。今回は新たにタッチユニットが追加され、専用ペン以外に指を使っての操作にも対応。「共有ホワイトボード機能」も加わり、ネットワークを介した画面・操作の共有が可能となっている。軽快な操作による会議やプレゼンテーションはもちろん、遠隔地との会議にも活用できるのがウリである。

タッチ操作対応のインタラクティブ機能を搭載した超短焦点プロジェクター「EB-1430WT」。エプソンダイレクトショップの直販価格は最小構成で37万5840円
タッチ操作対応のインタラクティブ機能を搭載した超短焦点プロジェクター「EB-1430WT」。エプソンダイレクトショップの直販価格は最小構成で37万5840円
[画像のクリックで拡大表示]

●EB-1430WT主な仕様
明るさ全白/カラー3300lm
液晶パネル画素数1280×800ドット
映像入力端子HDMI、HDMI/MHL、アナログRGB、RCA
映像出力端子アナログRGB
音声入力端子ステレオミニ×3
音声出力端子ステレオミニ
制御入出力端子RS-232C、USB、有線LAN、Remote端子
サイズ幅367×奥行き375×高さ155mm
重さ約5.6kg

 今回は東京・西新宿にあるショールーム「エプソンスクエア新宿」(詳細はこちら)で、ボードスタンドや周辺機器などとの連携した状態を再現し、実力を体感してみた。とくに新たに加わったタッチによる操作や本機2台使った「共有ホワイトボード機能」に注目して紹介したい。

82型のボードスタンドに本体および複合機を取り付けた状態で実力をチェック
82型のボードスタンドに本体および複合機を取り付けた状態で実力をチェック
[画像のクリックで拡大表示]