PR

 Windows Vista Service Pack 1からは、スタートメニューなどから利用できるデスクトップ検索機能に、Googleデスクトップなど他のデスクトップ検索機能を指定できるようになった。Googleデスクトップを指定したい場合は、まずGoogleデスクトップをインストールして、次に「コントロールパネル」を開き、「プログラム」→「既定のプログラム」→「既定のプログラムの設定」をクリックする。コントロールパネルをクラシック表示にしている場合は「既定のプログラム」を開き、「既定のプログラムの設定」をクリックする。

 既定のプログラムの設定画面が表示されるので、そこでウインドウ左側のプログラム一覧の中から「Googleデスクトップ」をクリックして選ぶ。そしてウインドウ下の「このプログラムを既定として設定する」をクリックする。これでデスクトップ検索機能をGoogleデスクトップに変更できる。検索結果は検索エンジンによって変わる。元のWindows Vista標準の検索機能を使いたい場合は、図3の画面で「Windowsサーチエクスプローラ」を選んで既定として設定する。

図1 「Googleデスクトップ」をインストールしたら、コントロールパネルを開き、「プログラム」→「既定のプログラム」→「既定のプログラムの設定」をクリックする
図1 「Googleデスクトップ」をインストールしたら、コントロールパネルを開き、「プログラム」→「既定のプログラム」→「既定のプログラムの設定」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図2 コントロールパネルをクラシック表示で使っている場合は、「既定のプログラム」を開き、「既定のプログラムの設定」をクリックする
図2 コントロールパネルをクラシック表示で使っている場合は、「既定のプログラム」を開き、「既定のプログラムの設定」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図3 既定のプログラムの設定画面が表示されたら、ウインドウ左側のプログラム一覧の中から「Googleデスクトップ」を選び、「このプログラムを既定として設定する」をクリックして「OK」を押す
図3 既定のプログラムの設定画面が表示されたら、ウインドウ左側のプログラム一覧の中から「Googleデスクトップ」を選び、「このプログラムを既定として設定する」をクリックして「OK」を押す
[画像のクリックで拡大表示]

図4 これで、Windows Vistaのデスクトップ検索をGoogleデスクトップに置き換えられる。Vista標準のデスクトップ検索機能を既定にしていると、たとえばスタートメニューの検索ボックスで検索して「すべての場所の検索」を押すと、検索ウインドウに結果が表示される
図4 これで、Windows Vistaのデスクトップ検索をGoogleデスクトップに置き換えられる。Vista標準のデスクトップ検索機能を既定にしていると、たとえばスタートメニューの検索ボックスで検索して「すべての場所の検索」を押すと、検索ウインドウに結果が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

図5 Googleデスクトップを既定にしていると、このようにブラウザーが起動して検索結果を表示する。検索結果の内容も当然異なってくる
図5 Googleデスクトップを既定にしていると、このようにブラウザーが起動して検索結果を表示する。検索結果の内容も当然異なってくる
[画像のクリックで拡大表示]