PR

 ウインドウは、その内容を表示したままドラッグできる。しかしスペックの低いパソコンでVistaの体感速度を少しでも快適にしたい場合は、「デザインの設定」でこの機能をオフにすることができる。オフにするとウインドウの枠線のみがドラッグ中に表示されるようになる。「デザインの設定」を表示するには、まず「コントロールパネル」の「個人設定」を開くか、デスクトップを右クリックして表示されるメニューから「個人設定」を選ぶ。そして「ウィンドウの色とデザイン」をクリックして表示したら、「詳細な色のオプションを設定するにはクラシックスタイルの[デザイン]プロパティを開きます」をクリックする。

図1 ウインドウは、その内容を表示したままドラッグできる。しかしこれはグラフィックス機能などに負担がかかり、スペックの低いパソコンではガクガクと動いてあまり美しくない
図1 ウインドウは、その内容を表示したままドラッグできる。しかしこれはグラフィックス機能などに負担がかかり、スペックの低いパソコンではガクガクと動いてあまり美しくない
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「デザインの設定」を表示したら「効果」を押す
図2 「デザインの設定」を表示したら「効果」を押す
[画像のクリックで拡大表示]

図3 「ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する」に付いているチェックを外して「OK」を押す
図3 「ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する」に付いているチェックを外して「OK」を押す
[画像のクリックで拡大表示]

図4 すると、このようにドラッグする時にウインドウの枠線のみが表示されるようになる
図4 すると、このようにドラッグする時にウインドウの枠線のみが表示されるようになる
[画像のクリックで拡大表示]