PR

 たとえばデスクトップの解像度が低かったり、ウインドウが小さかったりすると、ウインドウやアプリケーションソフトの画面にスクロールバーが表示される。このスクロールバーの太さは変えることができる。解像度が低いパソコンで縦・横のスクロールバーが太すぎて見苦しい場合は、細くすると見やすくなる。逆に細くて操作しにくい場合は太くしよう。

図1 たとえばブラウザーで表示しきれないサイズのWebサイトでは、このように縦・横のスクロールバーが表示される
図1 たとえばブラウザーで表示しきれないサイズのWebサイトでは、このように縦・横のスクロールバーが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「コントロールパネル」の「個人設定」を開くか、デスクトップを右クリックして表示されるメニューから「個人設定」を選ぶ。そして「ウィンドウの色とデザイン」をクリックする
図2 「コントロールパネル」の「個人設定」を開くか、デスクトップを右クリックして表示されるメニューから「個人設定」を選ぶ。そして「ウィンドウの色とデザイン」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図3 「ウィンドウの色とデザイン」が表示されたら「詳細な色のオプションを設定するにはクラシックスタイルの[デザイン]プロパティを開きます」をクリックする
図3 「ウィンドウの色とデザイン」が表示されたら「詳細な色のオプションを設定するにはクラシックスタイルの[デザイン]プロパティを開きます」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「デザインの設定」が表示されるので「詳細設定」を押す
図4 「デザインの設定」が表示されるので「詳細設定」を押す
[画像のクリックで拡大表示]

図5 「デザインの詳細」が表示される。ここで「指定する部分」のプルダウンメニューを開いて「スクロールバー」を選ぶ。プルダウンメニューで表示される他の部分のサイズや色も変更できる
図5 「デザインの詳細」が表示される。ここで「指定する部分」のプルダウンメニューを開いて「スクロールバー」を選ぶ。プルダウンメニューで表示される他の部分のサイズや色も変更できる
[画像のクリックで拡大表示]

図6 「サイズ」の数値がスクロールバーの太さになる。数値を変更したら「OK」を押し、さらに「デザインの設定」で「適用」を押す
図6 「サイズ」の数値がスクロールバーの太さになる。数値を変更したら「OK」を押し、さらに「デザインの設定」で「適用」を押す
[画像のクリックで拡大表示]

図7 このように縦・横のスクロールバーが細くなる
図7 このように縦・横のスクロールバーが細くなる
[画像のクリックで拡大表示]