PR

 2007年1月30日、いよいよ最新OS「Windows Vista」が発売となる。これから自作をするなら、Vistaが動作するパーツを選ぶのは当たり前。その魅力を最大限に引き出すため、周辺機器にもこだわってパソコンを組んだ。

6_spx259.jpg
(1)マザーボード 2万1980円 P5B-E Plus ASUSTeK Computer(http://www.asus.co.jp/)
6_spx259.jpg
1_spx285.jpg
(2)メモリー 2万3960円(2枚) DDR2-800 1GB×2枚 バルク品
1_spx285.jpg
2_spx234.jpg
(3)記録型DVDドライブ 4980円 GSA-H12N LG電子(http://jp.lge.com/)
2_spx234.jpg
3_spx234.jpg
(4)HDD 1万479円 Deskstar T7K500 HDT725032VLA380 日立グローバルストレージテクノロジーズ(http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/)
3_spx234.jpg
4_spx250.jpg
(5)電源 8480円 GOURIKI-550A サイズ(http://www.scythe.co.jp/)
4_spx250.jpg
5_spx150.jpg
(6)CPU 2万8280円 Core 2 Duo E6400(2.13GHz) Intel(http://www.intel.co.jp/)
5_spx150.jpg
7_spx167.jpg
PCケース 1万9780円 P180 V1.1 Antec(http://www.antec.com/)
7_spx167.jpg
いずれも安心して使える定番パーツばかり。右ページのディスプレイとキーボード、マウスを含めると19万8519円となる。
いずれも安心して使える定番パーツばかり。右ページのディスプレイとキーボード、マウスを含めると19万8519円となる。