PR

 セルに網をかけたり、タイトル行を太字にするだけで、表の印象はぐっとよくなるもの。でも時間のないときに、スタイルを考えながら設定していくのは面倒だ。Word 2008 for Macには表のスタイルが何種類か用意されているので、発想に行き詰まったら試しに使ってみよう。スタイルの一部だけを利用することもできる。

 まず表内にカーソルを移動して「表」パネルの「表のオートフォーマット」ボタンをクリックする。ウィンドウが表示されたら、「書式」から好きなスタイルを選ぼう。

 設定する書式は「罫線」「網掛け」「フォント」など種類別に分かれているので、変えたくない部分がある場合は、その項目のチェックボックスをオフにする。例えば表内のフォントを現在の設定から変えたくないときは「フォント」をオフにする。また、表は1行目や1列目が見出しに、最終行や最終列は合計欄になっていることが多いので、この4個所には別スタイルが設定されている。ここも設定したくない場合は対象のチェックボックスをオフにしよう。設定の結果は「プレビュー」に表示されるので参考にしてほしい。「OK」ボタンをクリックすれば、表は一瞬で設定したスタイルに変身する。

図1 表内にカーソルを移動して「表」パネルの「表のオートフォーマット」ボタンをクリックする
図1 表内にカーソルを移動して「表」パネルの「表のオートフォーマット」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「表のオートフォーマット」ウィンドウでスタイルを指定する。左から順に、(1)「書式」から好みのスタイルを選ぶ、(2)「1列目」チェックボックスをオフにすると、1列目の網かけが解除される、(3)「最終行」チェックボックスをオフにすると、最終行の上に罫線が引かれる。また最終行の1列目は文字色が青に変わる
図2 「表のオートフォーマット」ウィンドウでスタイルを指定する。左から順に、(1)「書式」から好みのスタイルを選ぶ、(2)「1列目」チェックボックスをオフにすると、1列目の網かけが解除される、(3)「最終行」チェックボックスをオフにすると、最終行の上に罫線が引かれる。また最終行の1列目は文字色が青に変わる
[画像のクリックで拡大表示]

図3 表に選んだスタイルが設定された。もちろん気に入らない部分があれば自由に手直ししても構わない
図3 表に選んだスタイルが設定された。もちろん気に入らない部分があれば自由に手直ししても構わない
[画像のクリックで拡大表示]