PR

 通常の変換では、一度に表示される候補の数は最大9個だ。例えば、「こうじ」という読みを入力して変換すると、「工事」や「講じ」などの候補が9個表示され、最後まで選択すると、次の9個が表示される。

 しかし、候補のウィンドウを開いた状態で[Tab]キーを押すと、ウィンドウが拡張され、最大45の候補が表示できる。この状態では上下左右のカーソルキーで候補を選択し、[Enter]キーで入力可能だ。人名などの候補数が多いときは、ぜひ利用したい。操作方法は次のようになる。なお、以下はMS-IME 2007の画面だが、MS-IMEも操作方法は共通だ。

「こうじ」と読みを入力する
「こうじ」と読みを入力する

[スペース]キーを押して変換する
[スペース]キーを押して変換する

もう一度[スペース]キーを押すと候補のウィンドウが開く
もう一度[スペース]キーを押すと候補のウィンドウが開く
[画像のクリックで拡大表示]

[Tab]キーをウィンドウが拡張される
[Tab]キーをウィンドウが拡張される
[画像のクリックで拡大表示]

[↑][↓][←][→]キーで入力する候補を選択する
[↑][↓][←][→]キーで入力する候補を選択する
[画像のクリックで拡大表示]

[Enter]キーを押すとに有力される。ただし、まだ未確定状態である
[Enter]キーを押すとに有力される。ただし、まだ未確定状態である

[Enter]キーを押すと候補が確定する
[Enter]キーを押すと候補が確定する