PR

 携帯電話の文字入力では、過去に入力した文字の一覧から選択する操作が当たり前である。例えば、「こ」と入力すれば、「こんにちは」「こんばんわ」「今度」……といった過去に入力した「こ」から始まる文字が現れ、そこから選択するだけで入力できる。MS-IME2007に用意されている「予測入力」も、それと同じ機能だ(残念ながら、MS-IMEには予測入力機能は用意されていない)。

 例えば、「情報セキュリティ委員会」「情報管理」「情報セキュリティアドミニストレータ」……といった言葉を繰り返し変換・入力したとすると、「じょ」と入力したタイミングで、ツールチップが現れ、これらの単語を素早く入力できるようになる。一連の操作は、次のようになる。

「じょ」と入力すると、ツールチップが表示される
「じょ」と入力すると、ツールチップが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

[Tab]キーを押すと、過去に「じょ」から入力した言葉の一覧が表示される
[Tab]キーを押すと、過去に「じょ」から入力した言葉の一覧が表示される

通常の操作で入力したい候補を選択する
通常の操作で入力したい候補を選択する

[Enter]キーを押して確定する
[Enter]キーを押して確定する
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、ツールチップが表示されるより前に[Tab]キーを押しても問題はない。例えば「じ」と入力して[Tab]キーを押すと、過去に「じ」から入力した言葉が候補として表示される

「じ」と入力しても、ツールチップは表示されない。この状態で[Tab]キーを押す
「じ」と入力しても、ツールチップは表示されない。この状態で[Tab]キーを押す

「じ」から始まる候補が表示される
「じ」から始まる候補が表示される