PR

 HDDよりも圧倒的に読み出し速度の速いSSD(Solid State Drive)。従来は書き込み速度が遅く、値段が高い弱点があったが、今では書き込みの速いモデルの値段も下がってきた。このSSDを中心にパーツを選べば、CPUやグラフィックスボードの速さとは違う快適さを持ったPCになる。パーツはすべて「ソフマップ秋葉原リユース総合館」で選んだ。価格は2008年11月上旬時点の店頭価格。

1_px350.jpg
(1)CPU 1万8480円
Core 2 Duo E8400(3GHz)
Intel(http://www.intel.co.jp/)
1_px350.jpg
2_px350.jpg
(2)メモリー 6980円
PSD24G800KH
Patriot Memory(http://www.patriotmem.com/)
2_px350.jpg
3_px350.jpg
(3)記録型DVDドライブ 2980円
AD7200A-OB
ソニーNECオプティアーク
(http://www.sonynec-optiarc.com/jp/)
3_px350.jpg
4_px350.jpg
(4)HDD 9780円
WD Caviar Green 1TB(WD10EACS-D6B0)
Western Digital(http://www.wdc.com/jp/)
4_px350.jpg
5_px350.jpg
(5)グラフィックスボード 1万480円
H465P512P
Hightech Information System(http://japan.hisdigital.com/)
5_px350.jpg
6_px350.jpg
(6)電源ユニット 6980円
剛力短(500W)
サイズ(http://www.scythe.co.jp/)
6_px350.jpg
7_px350.jpg
(7)マザーボード 1万5980円
GA-EP45-UD3R
GIGABYTE TECHNOLOGY(http://www.gigabyte.co.jp/)
7_px350.jpg
8_spx350.jpg
(8)PCケース 1万1980円
M5(VJ2000BWS)
Thermaltake Technology(http://www.thermaltake.co.jp/)
8_spx350.jpg
SSDを選び、大型のCPUクーラーやファンレスのグラフィックスボードなど静音を重視したPCだ。プラグインタイプの電源ユニットなどを使ってもよいだろう。
SSDを選び、大型のCPUクーラーやファンレスのグラフィックスボードなど静音を重視したPCだ。プラグインタイプの電源ユニットなどを使ってもよいだろう。
[画像のクリックで拡大表示]