PR

 「コンピュータ」や「ユーザーフォルダ」、普通のフォルダーなどをデスクトップの上、左、右の端にドラッグすると、それらが「ツールバー」になり、簡易ランチャーとして使うことができる。そうすると、それらに含まれる機能やフォルダーの内容にすぐアクセスできる。タスクバーと同様に「自動的に隠す」設定や「常に手前に表示」に設定することも可能。

図1 「コンピュータ」アイコンを、デスクトップ上端のマウスカーソルがこれ以上動かせないところまでドラッグする
図1 「コンピュータ」アイコンを、デスクトップ上端のマウスカーソルがこれ以上動かせないところまでドラッグする
[画像のクリックで拡大表示]

図2 ドラッグしたアイコンの機能やフォルダーの内容が、ツールバーとして表示される。「自動的に隠す」を選ぶと使わない時は自動的に隠れる。アイコンのサイズを大きくしたり、常に手前に表示されるように設定することもできる
図2 ドラッグしたアイコンの機能やフォルダーの内容が、ツールバーとして表示される。「自動的に隠す」を選ぶと使わない時は自動的に隠れる。アイコンのサイズを大きくしたり、常に手前に表示されるように設定することもできる
[画像のクリックで拡大表示]

図3 閉じる場合は、ツールバーの空いている場所を右クリックして「ツールバーを閉じる」を選ぶ。または「ツールバー」を選び、そのフォルダーや機能の名前に付いているチェックを外す
図3 閉じる場合は、ツールバーの空いている場所を右クリックして「ツールバーを閉じる」を選ぶ。または「ツールバー」を選び、そのフォルダーや機能の名前に付いているチェックを外す
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「コントロールパネル」をデスクトップ左に、「ユーザーフォルダ」をデスクトップ右に、それぞれツールバー化して配置した状態。よく使うフォルダーをツールバー化すると、ショートカットなどから開くよりも手間がかからず便利だ
図4 「コントロールパネル」をデスクトップ左に、「ユーザーフォルダ」をデスクトップ右に、それぞれツールバー化して配置した状態。よく使うフォルダーをツールバー化すると、ショートカットなどから開くよりも手間がかからず便利だ
[画像のクリックで拡大表示]