PR

 今回は使わないソフトをアンインストールしよう。無駄にメモリーを使う常駐ソフトを排除したり、HDDの空き容量を増やすことで、快適な動作になる場合がある。また、Windowsの設定を記録するデータベースであるレジストリを整理する方法も解説する。

 ソフトがなければパソコンはただの箱。しかし、ソフトが多ければ多いほどよいというものでもない。使わないソフトは無駄だし、弊害を招くこともある。例えば、メモリーに常駐するタイプのユーティリティソフトはメモリーを消費する。ハードディスクも同様だ。使っていないのに、空き容量を圧迫することになる。

 さらに、ソフトをインストールしたら基本的にその情報は、Windowsの設定を記録するデータベースである「レジストリ」に書き込まれる。無駄なソフトのおかげでレジストリが肥大化する可能性もあるわけだ。

 使っていないソフト、これから使いそうにもないソフトであれば、削除してしまった方が快適になる。例えば、有効期限が切れてしまった体験版などは削除して問題ないはずだ。

 そこで今回は、不要なソフトを削除する方法を紹介する。また、それと同時に、レジストリを整理する方法についても触れる。なお、ここではXPを使って紹介するが、Vistaでも方法はほとんど同じだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料