PR

 宅急便、ホッチキス、セロテープ、ジープ、サランラップ、タバスコ。これらは一般的な言葉としてよく使うが、ご存じのように特定の商品名だ。Wordには、商標や商品名をチェックする校正機能が備わっている。正式な文書などで、商標をうっかり使いたくないときに利用しよう。

 商標や商品名をチェックするには、まず「Office」ボタンから「Wordのオプション」を選択する。ダイアログボックスで「文章校正」を選び、「Wordのスペルチェックと文書校正」の「設定」ボタンをクリックする。ダイアログボックスが表示されたら「商標・商品名」チェックボックスをオンにする。

 これで商標が入力されたとき、単語の下に緑の波線が表示される。波線部分を右クリックすれば、「タバスコ」→「赤トウガラシのソース」のように、商標を一般的な言葉に置き換えることも可能だ。

図1 「Wordのオプション」ダイアログボックスで「文章校正」を選び、「Wordのスペルチェックと文書校正」の「設定」ボタンをクリックする
図1 「Wordのオプション」ダイアログボックスで「文章校正」を選び、「Wordのスペルチェックと文書校正」の「設定」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「商標・商品名」チェックボックスをオンにする
図2 「商標・商品名」チェックボックスをオンにする

図3 商標や商品名には、緑の波線が表示される。波線の部分を右クリックすると、商標ではない一般的な単語が候補として表示される。単語を置き換える場合はマウスでクリックする
図3 商標や商品名には、緑の波線が表示される。波線の部分を右クリックすると、商標ではない一般的な単語が候補として表示される。単語を置き換える場合はマウスでクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「宅急便」が「宅配便」に置き換わった
図4 「宅急便」が「宅配便」に置き換わった
[画像のクリックで拡大表示]