PR

 ファイルの保存先は、アプリケーションの初期状態では「ドキュメント」フォルダー(Windows XPの「マイドキュメント」フォルダーに相当するもの)に設定されていることが多い。この「ドキュメント」フォルダーの場所は、一般的なパソコンだと「C:\Users\ユーザー名\フォルダー名」となっており、「デスクトップ」「ピクチャ」「ミュージック」「ダウンロード」などがある。これらは、Dドライブなど別の場所に移動できる。「ドキュメント」フォルダーを右クリックして「プロパティ」を選び、「場所」タブをクリックしたら、「移動」を押して移動先を選べばよい。ちなみに、Windows XPの場合は「マイドキュメント」フォルダー全体の移動のみ可能となっている。

 例えば、容量の少ないSSD(solid state drive)をCドライブに、容量の大きいHDDをDドライブにしているような場合に便利だ。「ドキュメント」フォルダーの場所をDドライブに設定し、Cドライブの容量を空けることができる。Cドライブの空き容量が少なくなってWindowsのレスポンスが低下していた、といった事態を避けることができる。

 Windows Vistaを再インストールする場合、「ドキュメント」フォルダーの場所を例えば外付けHDDに指定すれば、フォルダーの中身を丸ごとバックアップできる。

図1 スタートメニューでユーザー名をクリックすると、そのユーザーの「ドキュメント」フォルダーが一覧表示される。移動させたいフォルダーを右クリックして「プロパティ」を選ぶ
図1 スタートメニューでユーザー名をクリックすると、そのユーザーの「ドキュメント」フォルダーが一覧表示される。移動させたいフォルダーを右クリックして「プロパティ」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

図2 初期状態では「C:\Users\ユーザー名\フォルダー名」となっている。これは「ピクチャ」フォルダーの場合。このフォルダーの場所を移動するには、「場所」タブをクリックして「移動」ボタンを押す
図2 初期状態では「C:\Users\ユーザー名\フォルダー名」となっている。これは「ピクチャ」フォルダーの場合。このフォルダーの場所を移動するには、「場所」タブをクリックして「移動」ボタンを押す
[画像のクリックで拡大表示]

図3 フォルダーを選択するダイアログボックスが表示されるので、移動先にしたいフォルダーを指定する。ここではDドライブに作っておいた「画像」フォルダーを指定している。指定したら「フォルダの選択」を押す
図3 フォルダーを選択するダイアログボックスが表示されるので、移動先にしたいフォルダーを指定する。ここではDドライブに作っておいた「画像」フォルダーを指定している。指定したら「フォルダの選択」を押す
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「ピクチャ」フォルダーの場所が「D:\画像」に変わった。「ピクチャ」フォルダーに保存したデータは、すべてこの「D:\画像」に保存される
図4 「ピクチャ」フォルダーの場所が「D:\画像」に変わった。「ピクチャ」フォルダーに保存したデータは、すべてこの「D:\画像」に保存される
[画像のクリックで拡大表示]

図5 すでにデータが保存されているフォルダーを移動させる場合、既存のファイルを移動先にすべて移動させるか、そのままにしておいて今後保存するファイルのみを移動先に保存するかを選択する
図5 すでにデータが保存されているフォルダーを移動させる場合、既存のファイルを移動先にすべて移動させるか、そのままにしておいて今後保存するファイルのみを移動先に保存するかを選択する
[画像のクリックで拡大表示]