PR

 ビジネス文書にはよく「社外秘」、「回覧」、「見本」などの印が押されている。Word 2007では、これらの文字を文書の背後に透かしのように入れることができる。用意されている文字だけでなく、任意の文字も指定可能だ。

 まず「ページレイアウト」タブの「透かし」をクリックし、「ユーザー設定の透かし」を選択する。ダイアログボックスが表示されたら、背後に入力する文字を指定し、文字のサイズや色などを選べばよい。

図1 「ページレイアウト」タブの「透かし」をクリックし、「ユーザー設定の透かし」を選択する。「緊急」「社外秘」「サンプル」などの透かし文字は、ギャラリーから選ぶこともできる
図1 「ページレイアウト」タブの「透かし」をクリックし、「ユーザー設定の透かし」を選択する。「緊急」「社外秘」「サンプル」などの透かし文字は、ギャラリーから選ぶこともできる
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「テキスト」ラジオボタンをオンにして、「テキスト」のドロップダウンリストから表示する文字を選ぶ。目的の文字がリストにない場合は、「テキスト」に直接入力する。ここでは「記入例」と入力した。「フォント」「サイズ」「色」「レイアウト」を指定し、「適用」ボタンをクリックする
図2 「テキスト」ラジオボタンをオンにして、「テキスト」のドロップダウンリストから表示する文字を選ぶ。目的の文字がリストにない場合は、「テキスト」に直接入力する。ここでは「記入例」と入力した。「フォント」「サイズ」「色」「レイアウト」を指定し、「適用」ボタンをクリックする

図3 設定した透かし文字が文書に表示される。ダイアログボックスは表示されたままなので、いろいろな設定を試すことができる
図3 設定した透かし文字が文書に表示される。ダイアログボックスは表示されたままなので、いろいろな設定を試すことができる
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「レイアウト」を「対角線上」から「水平」に変更してみた
図4 「レイアウト」を「対角線上」から「水平」に変更してみた
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、透かし文字はヘッダー/フッターと同じ扱いになり、各ページに表示される。また、編集画面では薄めの表示になるため、実際の色は印刷プレビューで確認しよう。

図5 実際の印刷イメージは、印刷プレビューで確認する
図5 実際の印刷イメージは、印刷プレビューで確認する
[画像のクリックで拡大表示]