PR

 「ごみ箱」は、削除したいファイルを保留しておくフォルダーだ(本当に削除するには、「ごみ箱」を開くか右クリックして、「ごみ箱を空にする」を選ぶ)。この「ごみ箱」には容量が設定されており、それを超えるデータは保留せずに削除される。容量が小さすぎる場合、または大きすぎてドライブを圧迫している場合は、容量を変更しよう。

図1 「ごみ箱」を右クリックして「プロパティ」を選ぶ
図1 「ごみ箱」を右クリックして「プロパティ」を選ぶ

図2 「ごみ箱」の容量はドライブごとに指定されている。ドライブを選択して、容量をMB単位で指定する
図2 「ごみ箱」の容量はドライブごとに指定されている。ドライブを選択して、容量をMB単位で指定する
[画像のクリックで拡大表示]