PR

 スクリーンセーバーから復帰した時に、ログオン画面が表示されるように設定できる。パスワードが設定してあればセキュリティの強化につながる。逆にスクリーンセーバーから復帰するたびに表示されるのが煩わしい場合は、設定を解除しておこう。

図1 スタートメニューからコントロールパネルを開き、「個人設定」→「スクリーンセーバー」をクリック
図1 スタートメニューからコントロールパネルを開き、「個人設定」→「スクリーンセーバー」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「再開時にログオン画面に戻る」にチェックを入れる。設定を解除したい場合はチェックを外す
図2 「再開時にログオン画面に戻る」にチェックを入れる。設定を解除したい場合はチェックを外す
[画像のクリックで拡大表示]