PR

Windowsのこの操作は

 Windows XPでは待機のことを「スタンバイ」、スリープのことを「休止状態」と呼ぶ。スタンバイは省電力の状態だが、休止の場合はメモリーに展開したデータをハードディスク上に保存し、電源を落とす。ノートパソコンの場合はスタンバイよりも休止の方がお勧めだ。

 休止を使うには、コントロールパネルから「電源オプション」を開き、休止状態を有効にする。

 終了オプションからは「スタンバイ」しか選べないので、「電源オプション」で電源ボタンに休止状態を設定する。これで電源ボタンを押すことでシステムをスリープ状態にすることが可能となる。

 なお、Windows Vistaでは、スタートメニューにスリープボタンが設けられ、より簡単に使えるように変更された。スリープ状態からの復帰も高速化されている。

「コントロールパネル」→「電源オプション」で「休止状態」タブを開く。「休止状態を有効にする」にチェックを入れる。
「コントロールパネル」→「電源オプション」で「休止状態」タブを開く。「休止状態を有効にする」にチェックを入れる。
「詳細設定」タブを開く。「コンピュータの電源ボタンを押したとき」の項目で「休止状態」を選択する。ノートパソコンの場合は「蓋の開閉」にも休止状態を設定できる。
「詳細設定」タブを開く。「コンピュータの電源ボタンを押したとき」の項目で「休止状態」を選択する。ノートパソコンの場合は「蓋の開閉」にも休止状態を設定できる。
Vistaの場合は「スリープボタン」をクリックするだけ。
Vistaの場合は「スリープボタン」をクリックするだけ。